2014年バリ島へ!プランと予算オプショナルツアー総括

バリ大好き

2002年からかれこれ12年ぶり、3回目のバリ島に行ってきました。
バリ島は2014年の今でも大きくは変わらず、楽しめるよい島でした。
テロ事件以降の治安も不安でしたが、安全対策も頑張っている模様。

バリ島には神様がたくさん住んでいる…と言われますが、
実際そう感じました☆彡
本当に癒やされたし、またバリ島に行けるように頑張ろうと思う次第。

夫婦でバリ島のサンプルとしてプランニングから予算まで。
バリ島観光で外せないポイントも、まとめようと思います。

バリ島の予定作りのポイントと予算や旅費実績は?

一番大事なのは、アクティブな日と遠出しない日を分けることから!!

遠出とは、アクティビティや一日観光などのオプショナルツアーです。
遠出しない日は、ホテル周辺でのんびりしながら、バリ島パワーチャージ。

バリ島フリープラン

バリ島では朝食やプールの付いている格安ホテルも多いです(*^_^*)
オールシーズンレギャンバリ(宿泊ホテル)より

オールシーズンレギャンバリプール

一方で移動に関してはバリ島は電車もなく、遠出をするにはどうしても…
タクシーやチャーター、オプショナルツアーに頼むしかないです。

だからこそオプショナルツアーから決める。それ以外は海やホテルプールで
リゾート気分を味わう。のんびりする日を作り、バリの風を感じるんです。

のんびり日なら、南部リゾートエリアならタクシー以外の格安移動手段も。
クラクラバスというメインエリアを回るバスがあります。
日系企業が運営するローカルバスです。

クラクラバス1

2014年はJCBのカードを持っていると
クラクラバスに無料で乗れるキャンペーンが。
レギャンやスミニャック、クタ間の移動が便利でした。

クラクラバスJCCBで無料1

HISのツアーで行くと、MaiMaiというシャトルバスに乗れるそう。
マイマイはHISツアーの参加者のみ。
フリープランの日に便利だろうな、と感じました。
>>H.I.S. バリ島旅行

バリ島で半分アクティブ・半分のんびりな過ごし方例

私達はバリ王というサイトで羽田発着ツアーを申し込みました。
バリ王はバリ専門で40年営業している会社だけあって、
ホテルと便を自由に選べるツアーが充実。

申込が2週間を切っていて直前だったからか、
他社ではウェブ上では予約できない中で
バリ王では申込ができました。
予算からホテルを選べるのもよかったです。

元々はもう少し短い日程で申込んだものの、
帰国便が祝日と重なり座席がなかったりして。
日程短縮するより延ばした方がいいと考えた結果、
バリ島10日間のツアーに!

そんな長期ツアーでも、移動などで3日間。
つまり一日まるごと楽しめたのは7日間です。
移動時間短縮にと直行便も考えましたが、
経由便より3万円以上も高かったため断念。

2014年現在、日本からバリ島の直行便はガルーダ・インドネシア航空だけなんです。
経由の場合、ガルーダ航空のジャカルタ経由が一番効率よいはず。
乗り継ぎもガルーダの人が総出で案内してくれたり。
ガルーダ航空は機内食や機内設備やサービスが充実して快適で、
予想以上によかったです。

ガルーダ・インドネシア航空機内食

アイマスクと耳栓、機内用の靴下が入ったキット、エコノミークラスでももらえます。

ガルーダのアイマスク耳栓キット

そんな私達の旅程実績をご紹介。前半は観光やアクティビティ。
後半はひたすらホテルのプールやレギャンビーチでのんびりしました。

 日程

 行動

 1日目

 22時に羽田空港集合・チェックイン・出国審査

 2日目

 0時に羽田発、ジャカルタ空港に8時間後着(現地時間朝6時)
 9時半頃ジャカルタ発、昼12時にデンパサール空港到着 
 ※バリは1H,ジャカルタは2H日本よりも遅い

 3日目

 ラフティング(トラガ・ワジャ川:中級)

 4日目

 海のアクティビティ
(バナナボート・パラセイリング・ジェットスキー)

 5日目

 大好きバリで車一日チャーター
  ブサキ寺院、キンタマーニ高原、ティルタ・エンプル(★)、
 ウブド、ジンバランカフェのイカン・バカール
(魚のバーベキュー)

 6日目

 ホテルプールとレギャンビーチでリゾート
 クラクラバス(前述)に乗って、クタを散策。ホテルスパ。

 7日目

 ホテルプールとレギャンビーチでリゾート、
 スミニャックビーチ

 8日目

 ホテルプールとレギャンビーチでリゾート

 9日目

 ホテルプールとホテルスパ(2回目2.5Hマッサージ)
 レギャンビーチで最後のサンセット後、
 ビンタンスーパーマーケットでおみやげ

 10日目

 朝5時半頃ホテルを出発、朝8時デンパサール空港発
 13時にジャカルタ空港を出発し、23時に羽田空港着

(★)ティルタ・エンプルとは?
聖水を浴びて不老長寿や病気治癒に効果のある
バリ島屈指のパワースポット。ウブド近辺、タンパクシリンというエリア。

ティルタ・エンプル

暑いバリ島観光で、
水を浴びて不老長寿を祈念できるティルタ・エンプルは
本当におすすめ!!必見スポットだと思います!!

バリ島で10日間ツアー(実質9日間)場合の予算と費用

費用に関しては当初の見積より意外とかかり、夫婦で合計32万円でした。
※ルピアはレート0.01で簡易換算、実際は1ルピア0.009前後

 項目

 費用(2人概算)
 ツアー代金

 18万円

 オプショナルツアー
(ラフティング・一日カーチャーター・海遊び)

 2万円

 その他活動費

 10万円(1.4万円/日)

単純に9日間で全てかかった金額を割ると、一日あたり2人で3.5万円。
8日間の夫婦で台湾旅行とほぼ同じくらいでした。
アジア旅行の平均値でしょうか。

一方でオプショナルツアー選びの失敗や、高級スパについ行ったりしたので。
財布を締めておけば数万円は違ったかなー。。
オプショナルツアー選び失敗談は、以下にまとめます。

ハワイに新婚旅行へも行きましたが、
その時は2人で7日間が合計50万だったので、
ハワイよりはリーズナブルな感じがしますね。

インドネシアの物価は年々上昇傾向だとか。日本はデフレのまま…
で、2000年頃に比べると体感的には物価がかなり上がったようにも感じました。

まあランチやディナーが地元の人が行くような食堂ではなく、
レギャンエリアの欧米の人が集まるようなレストランが
多かったからかもしれません。
飲み食いもかなりしましたし…(^_^;)

バリ島観光とオプショナルツアー

バリレギャンビーチ

バリ島に行ったら欠かせないのがラフティング!!
マリンスポーツもしたいところです。
オプショナルツアーを使うと送迎付きなので、
その日の足は確保できます。

バリ島のオプショナルツアー手配は大きく3つに分かれます。

  1. 日本でオプショナルツアーを予め予約しておく
    バリ王
    JTB

  2. 現地オプショナルツアー会社を予約しておく(または現地にて)
    大好きバリ
    バリチリなど

  3. ツアーデスク系
    大きなホテルには、日系企業の観光デスク。
    日本の旅行会社のオフィスもバリ島南部(クタなど)に支店が。

私の経験則では2.が安いように感じました。また、予め予約した方が、
現地で普通に申し込むより破格だったケースもあったので…

ジンバランカフェでメニューを見ると50万ルピア以上かかるのが、
オプショナルツアー事前申込だと30万ルピアでサービス・税込みだったり!

海のアクティビティも、
送迎とランチだけ日本で申込して現地申込するものの
予想以上に激高!!かなり価格交渉しました…

日本人向けツアー価格なのか、現地直前申込は割高なのか…
現地で交渉する手間を考えると、
日本で予め申し込んでおけばよかったと思います。

オプショナルツアーは日本で予め申し込んでおくべきかも。
いざとなれば現地でネット!

バリ島のインターネット事情は2000年頃と違って充実していました。
Wi-Fiフリーのカフェも多かったです。
ホテルもWi-Fi無料のところが多い模様。

2014年バリ島のプランと予算、オプショナルツアー対策まとめ

  1. オプショナルツアーで楽しみ、ホテル周辺のんびり日にバリ島パワーをもらう
  2. バリ島は一日あたり2人で3.5万(贅沢編)、オプショナルツアーを予め申しこめば
    もう少し安くなりそうな位…

  3. バリ島パワースポットの一つ「ティルタ・エンプル」で沐浴は
    暑いバリ島の寺院参拝という意味でもおすすめ!
    車チャーターやツアーで行くべし。

バリ島のよさはブログ記事では書ききれないので、バリ島サイトを作ります。
完成次第、ご紹介しますね。

日本旅行(バリ島)

H.I.S. バリ島旅行

JTB海外旅行

フォローする