2015年の宅建試験を受けてみて…合格ラインと所感

宅建試験会場

2015年10月18日(日)お天気の良い休日。
宅建試験を受験してきました。
雨女のくせに、試験日やセミナー受講日だけはいっつも晴れなんですよね。

試験会場での緊張ショット、青空がキレイ@横浜

宅建受かりたい

結果としては、例年通りの合格率から導き出される合格ラインならOK。
ところが急に合格者を絞り出されるようなことになれば、アウト。
何だかモヤモヤな心持ちとなりました。

2012年の初回受験に引き続き、試験を終えた感想や立ち直り方、
合格ライン予測について集めた情報をまとめます。

宅建試験2015年(平成27年度)を受けてみた感想

過去問(LECウォーク問)を3週…と言わず、
4週まわして問題を解き続けました。
2回までは???が多かったのですが、3回、4回目になってくると。
けっこう頭に知識が定着してきた感じがしました。

ところで私は、権利関係が苦手。
民法の条文とかねー
ああいう、ごちゃごちゃした言い回しや文章が嫌いなのよ。。

そんな人の直前期(ラスト1ヶ月)は、権利関係は深追いせずに
業法や制限に注力した方がよいとのアドバイスを聞きました。

そこで、権利関係の勉強は一旦ここまで。
覚えれば取れると言われる項目(代理・賃貸借・借地借家法など)だけを、
試験直前に再暗記だけ。

宅建業法と、制限・税・その他は過去問をもう1~2回はまわして
問題を解き続けました。この2項目の過去問は、累計で5~6回しました。
ただ、答えを暗記するというか、ただ○×を付けるのではなく…
なぜこの答えは○なのか、何で×なのかを、明確に答えられるように努めました。

LEC宅建過去問使い方1

強烈な眠気を感じたら(しょっちゅうだった…)、ブツブツ唱えながら眠気ざまし
それでもダメなら立ち歩きの体制で、何とか学習継続。
受験勉強以来です、こんなの。
おかげで最後の方はもう過去問題集を、心から見飽きました…

そんな感じで、3年前とは全然違う心持ちとヤル気で臨んだ試験でした。
結果はどうであれこれで最後と決めてましたし、何としても受からなきゃって。
ところが…本試験は予想を遥かに上回る難しさ!新傾向っつーのかしら?

権利関係は何を言ってるかも分からず、初めて見ることも目白押し!
受験生が満点目指して頑張る宅建業法は、
個数問題(○や×の選択肢の数を回答させる)のオンパレード

私的には制限はともかく、税金がなーー。。
勉強すらしていなかった贈与税とか出てきちゃったりして…
業法を見直そうにも個数問題ばかりだと、時間的に厳しかったりもして…
2015年唯一ラッキーだったのが…
意外と簡単と噂だった、5問免除の分野ぐらいでしょうか。

宅地建物取引士が、「士業」になって初の試験だった2015年。
難易度は少しずつ上がるだろう…と言われたものですが、
早々から急に難しくなったんでしょうね。。

試験後の会場でもあまりの難しさに悲鳴トークをしている人たちが
けっこういらっしゃいました…当然私も、ですけど。

宅建試験後のレック(LEC)の解答速報会に参加!

その後お友達とのSNSメッセージのやり取りで、
解答速報会ってものに行くことにしました。
向かったのはLECの新宿本校(エルタワー)です。

2012年の宅建は到底そんな気力もなかったし、不合格確実だったので
解答速報会たるものが初参加。
予約も申込もいらず、持ち物は筆記用具と試験問題だけです。
会場から直行でOKです。

ちなみに横浜で受験したため、開始時間までギリギリ…
写真は撮れませんでした。昔、エルタワーに行った時の写真をチラリ↓

LEC新宿Lタワー

会場にはギッシリの人が所狭しと解答速報を待っています。
気付くのが遅かったのですが、座席にマークシートが用意してありました。
自分の回答を明記して17時までに提出すると、
速報会での合格ライン算定のデータに使ってもらえる形となります。
また11月下旬に個別に郵送で、採点結果と解説が届きます。

権利関係分野の回答はさすがに…
情報の裏取りやら、論点が分かれるところらしくて結果出るのが遅め。
業法や制限・税・その他などの正解が明らかな分野や問題から、
回答が続々と出てきます。

机にあった回答一覧表に自分の本試験での回答と、速報回答をそれぞれ明記。
自己採点ができる仕組みになっています。

回答速報の前半は制限なので、正解が多かったものの…
宅建業法でバカミスを繰り返してしまったために、途中だんだんと不正解が増え…
速報会開始1.5時間あたりから権利関係が出揃い出すと…
不正解がどんどん増えていく!!!

解答速報会が4時半開始でその後2時間(2.5H?)位すると、
全ての回答と、予想合格ラインが出てきました。

LECの解答速報会は31点プラスマイナス1。
私自身はこの合格ラインを大きく超えられなかったため、
一気に不安が押し寄せてきました(T_T)

宅建2015の合格ラインの点数と、試験後の心持ち

LECの速報会後もネットで調べると、同じような資格スクール系や
宅建講師のブログなどで、合格ライン点数の推測値が出てきていました。

 発表した予備校(略称)

 予想合格点
 LEC

 31±1点

 TAC

 31±1点

 資格の大原

 32±1点

 日建学院

 30±1点

 拓明館

 30点・31点

 資格スクール大栄

 31点

およそ31点がボーダーな感じでしょうか。けれども前提条件が以下の通り。

    昨年までと同様の合格率を前提とした場合の合格点

昨年までと同様の合格率とは、宅建の平均合格率15%前後って意味です。
宅建試験の合格ラインは過去10年間で、15~17%あたりをウロウロ。
合格率がちょうどそのラインになるように、合格点を決めるというプロセスらしい。

宅地建物取引士の「士」になって、その15%前後が急に!
合格率10%とかになったら…という声もネットとかで、目に耳にしたので。
何か気持ち的にも落ちてきました(T_T) 
合格率が下がってしまうと私は完全、アウトでしょうし。

ただ逆に言えばもうこうなって来ると、自分ではコントロール不可ですよね。
合格点数を決めるのは、試験結果を見た後の作る側の問題なのですから。
できるのはせいぜい神頼み位かな…?

それなら落ち込むだけ落ち込んで、この悔しさをバネに
次の目標を立てる方が健全な気がして来ました。
(もっともここまで立ち直るのに一晩かかりましたが…)

思うようにできなくて悔しく思うのは、自分が頑張った証拠だと思います。
ここで得た知識は結果がどうであっても、将来いつか役に立つはず。
投下した労力はもっと別の利益にすればいいって。
で私はしばらくお休みしてた、株式投資の勉強に充てることにしました。

合格発表は12月2日(水)ですが、それまではしばし忘れて…
逆にせっかく身についた学習グセを、他の知識習得に活かす。
そうしたら結果オーライかもって。そう思えるようになったのでした。

最後に、今までの資格試験(秘書検、簿記、語学系)は、
一人で黙々と挑むことがほとんどでした。

ところが今回の宅建は、
今までと大きく違ったなーってのが「仲間」の存在でした。

最初お友達が受験を決め、その後夫婦でも受けることにしたってことで。
お友達や夫と宅建ネタネタやグチを話せる環境があったことに、
気持ち的にとても救われました。

資格試験は一人で黙々と受けるよりも、仲間がいた方が断然いいですね!
>>2015年2度目の宅地建物取引士試験の気になる結果は?!(結果記事)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク