「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」が教科書代わりに!

アフィリエイト報酬アップ本の評価

アフィリエイト収入月30万達成!キーワード戦略を学べる2冊でご紹介した、
「アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワード」本。

発売を知って近くの本屋さんで購入したのですが、
同時に買った本がありました。

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61」という一冊です。
パラパラ開いてみたところ、
横書きで教科書っぽい作りが気に入り同じく衝動買い。
アフィリエイトの教科書代わりに使っています。

「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」の気になる中身

アフィリエイトと言っても、サイトで行うものかブログで行うものか。
アドセンスを活用したサイト作りから、PPCアフィリエイトまで。
それぞれの手法に対して一章(Chapter1~5)という構成になっています。

一つの章ごとに、アフィリエイト報酬をアップするために心がける鉄則が、
図解も合わせながら丁寧に解説されています。

イメージとしては完璧に参考書!
学生時代を思い返して、何だかほんわかします。
白・黒・青の3色刷りになっているので、目にも優しい一冊です。

アフィリエイト商材いらない一冊

ある意味面白いのがChapter1の第一章ですね。タイトルはズバリ!

トップアフィリエイターの新常識

絶対法則1は、アフィリエイトで独立された名アフィリエイターさんが、
同じことをアドバイスしてくれていました。

成果の出やすいプログラム選びや、どんな人に向けたサイトだと決めやすいか。
トップアフィリエイターのサイト運営における投資方法まで。

他の書籍や教材で似たようなところは書いてあっても、
このポイントって斬新だなーと思うところがけっこう多いです。

成果を上げるサイト作りのガイダンス的な一冊だと思います。

「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」の構成と活用方法

ズバリ、教科書代わりの一冊にすること!!
赤ペン片手に新発見なことをマーキングしたり、肝に銘じるべきところは線引くとか。
自分なりに思ったことを書き残しておいて、
サイト作りに実行するといいサイクルができそうです。

アフィリエイト教科書赤ペンでチェック

作業に疲れたら、アフィリエイト教科書として書き書き…
というような感じで使っていくと、楽しく学べると思います。

私は一回目はお茶をしながらざっと読み、二回目以降は作業の合間に書き書き。
横書きの構成だからか、本当に教科書みたい!

ページ数も多く、本の作りがかなり硬いので、ぐいぐい押しながらなじませていくと
自分だけのアフィリエイト教科書の出来上がりです。

「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」を読んで学べたこと

アフィリエイト教科書本

通称「アフィリエイト教科書」な一冊。
絶対法則61を読んで、新たに取り組もうと思ったのは、大きく3つです。

  1. 更新していないサイトに記事や情報をもっと追加する!
  2. ブログでは過去の記事もネタにする
  3. Yahoo知恵袋のようなQ&Aサイトもチェックして集客に活かそう

1.はブログのような更新ありきのものではなく、情報サイトのことです。
WordPressやブログタイプで作成したホームページで、日にちを消したもの。

作りっぱなしで収益が上がってウハウハ…なーんて思ったものの
そんなに甘くはないんですね(^_^;)

ネタを増やすためには、
サイトのテーマについて自分も学ぶなり調べるなりが必要。
独自コンテンツを増やすことで、サイトユーザーに価値を与えることが、
結果的に報酬アップにつながるのかもなーと感じました。

2.と3.は、Chapter3を読んで考えたことです。

アフィリエイト教科書みたいな名書

ブログこそ、集客法を固定せず色々なルートでチャレンジしてみる。
過去記事も確かに、
その後どうなったか?を明記することでサイト訪問者にも納得してもらえる。

複数の収入作り実践記である以上は、成果は大事ですよね。
いい成果をお伝えできるようにしていきたいものです。

「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」のおすすめポイントまとめ

  • 参考書みたいな一冊なので、徹底的に書き込み&読み込み
  • 1,500円程度で複数のアフィリエイト手法のコツを学べる
  • 報酬を上げるために実行に移しやすいネタが満載

PPCアフィリエイトは未経験ですが、こういうものなんだなーって分かりました。
アフィリエイトに出てくる横文字が苦手な人にも、取っ付き易い一冊だと感じています。


アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

>>「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」をamazonで探す
>>「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」を楽天市場で探す

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク