ピンチの時こそチャンス!自宅安静期間を資産に変える

2016年チャンス

2016年10日ほど越えましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、2015年末から妊娠経過による自宅安静で、
ほとんど寝そべって過ごした年末年始でした。

家族の協力もあり、家事も仕事もほとんどせずにひたすら安静。
こんなに横になって過ごしたのは、自分が赤ちゃんの時以来じゃないかと。

おかげさまで年明けの検診では、危機的な状況は脱したよう。
自宅安静は残り3ヶ月ほど続く予想ですが…
要安静のレベルが引き下げられ、
机に向かって仕事をする許可も得られました!
(休み休みに行う必要があるので、以前ほど進みませんが…)

そのため簡単ながら、この2週間の
「絶対自宅安静期間」で学んだことを書いておきます。

内容はズバリ、「ピンチの時こそチャンス」という言葉。
この言葉をひしひしと感じている日々です。

妊娠期間の自宅安静:2週間の過ごし方

妊娠中期(安定期)に入ってから、
お腹の張りを頻繁に感じるようになりました。
特に長時間外出すると、お腹がパンパンで
良からぬ症状も出てきたり。

そんないわゆる「安定期」を過ごしてきたものの…年末の検診にて。
お腹張りが原因と思われる、胎児が下がってくる症状が確認され…
悪化すればいわゆる、切迫早産のリスクが出てきます。

そのため、通院以外の外出禁止(自宅静養)と、
できる限り横になって安静に過ごすよう、先生から指示を受けました。
次の検診までの2週間、ひたすらベッドの上で過ごす必要があったのです。

パソコンは何とかベッドで寝たまま使えるようにしてもらったものの、
横になったまま書くという作業は予想以上に身体がきつく…
こんな感じで↓

自宅安静寝ながらPC

ただ閲覧するだけの作業なら大丈夫でした。
ネットサーフィンとか動画を観るとか。読書もそんなに辛くないです。
そのためこの安静期間をきっかけに、
自分が頑張れることを色々と考えました。

…というより、そうやって考えないと
だんだん気持ちが「落ちて」きたのです。
外にも出られないことで、心の発散どころもなく…
ただベッドに横たわっていても、気持ちが暗くなるばかりで。

無事4月に産めるだろうか、とか余計な不安だけが
山のように襲ってもきたり…
自宅安静命令後3日ほどは、本当に落ち込みました。

その時ふと、この機会をチャンスに変えようって思えたのです。

普段の生活で思うようにできなかった2つのこと

今まで普通に生きてきて、
つい後回しにしてしまうことってあると思います。
大事なんだけど、なかなか思うように取り組めなかったことです。

私自身思い返すと2つありました。

  1. 仕事に直結しないけれど将来必ず役に立つ本の読破
  2. 株式投資の学校での学びの実践化

1.に関してはみんなあることだと思います。
これ面白そうだなーと思って手に取った本だけど、
つい読めぬまま本棚の奥にしまってあるような本です。

または読んだものの一度では理解できない本。
ジャンル問わず、けっこうあるなーと思いました。

2.は2013年末から、
ファイナンシャルアカデミーの株式投資の学校で株を学んでいます。

ところが日々受講はして成果は出てきたものの、もっと成果を上げたいなーと。
具体的には資産を10倍にして、不動産の頭金を増やしたい!って。
より大きな目標を立ててみたのです。すると、足りていないことに気付き…

こういう、自分ではもっと成果を出したいけれど出来ていなかったこと。
そんなことをとことん、極めていこうと考えたのです。

株式投資の学校の学び直しについては、うってつけの時でした。
株式投資の学校は自宅のPCでもスマホでも、
ストリーミング配信があり自宅で授業を受けられます。
その授業動画の閲覧可能期限が、ちょうど今月末だったのです!

そのため今月は株式投資の学校を復習しようと。
一日2時間(1コマ)を2倍速で、復習受講しています。
2倍速など再生速度も変えられるのがよいですね。

早い音声で聴講すると心なしか、脳への刺激いいというか…
頭への入り方も違う気がします。

日々忙しい時期だと聞き逃していたポイントや大事なことが、
2倍速による刺激と、基本的にゆったりとした状態だからこそ
改めて理解できることもありました。

これをきっかけに資産を倍に、そして10倍に増やせたら儲けものです。
そして育児に追われても、株式投資を続けられる盤石な仕組みを作ろうと。
そんな想いで日々、学び直しています。

ピンチから学べた3つのこと

ピンチ…というとマイナス面ばかりが強調されがちですよね。
けれど実は、大きなチャンスじゃないかなーと改めて、実感させてくれました。

まずは学び直しについて。
普段の毎日ではなかなか思うようにできないことですよね。
学ぶ時間ができたって素晴らしい!
そしてそれがきっと新たな種になるって。
自宅安静ももうすぐ3週間になりますが、本当にそう思えてきたのです。

もう一つのチャンスは、お腹の中の命に対して。
妊娠生活でリスクがあるってことは、ツライことでもあります。

けれど順調だけで来ていたら、もっとムリをしていたように思います。
きっと我が子がストップをかけてくれたのかもって。
そして、お腹の中の命を優先しようって。

自分の都合よりも子供が何より大事
そんな感覚をより深く感じられるようになりました。

最後に、自分が置かれている状況にありがたく思えたこと。
家族の協力、寝たきりマタニティライフで生きていけていること、
安静さえ心がけていれば妊娠経過が順調なこと…
何より自分も子供も健康なこと。
日々忙しいと忘れがちな幸せに、どっぷりとひたれています。

ピンチの種類によっても得られる学びは違うと思います。
けれども本質的には同じじゃないかなーと感じたのでした。

最後にピンチの時ってのも、必ず終わりが来るはず。
それまでの期間だからこそ、人それぞれできることがある。
望みも決して捨てることなく、歩む。
それが人生なのかなーとも感じたのでした。

スポンサーリンク