マンション買って賃貸に出したい!まずは投資の勉強と物件探し

マンション

2月に入ってから不動産投資のセミナーを受け続けています。
おかげさまで、不動産をを探す意欲もぐんっとうなぎのぼり!
パソコンでほしい物件情報を探しながらも、収益計算したり、
問い合わせラッシュな週末です。

私は大学生の頃か社会人になりたての頃に、漠然とこう考えていました。
実家から大学や勤務先に通うのが遠くてきつかったからです。

    アパート借りるなら、マンション買って住んでみて…
    必要なくなったら賃貸に出したい。。

なんということでしょう、まさに不動産投資じゃないですか!!
約10年後、実際に不動産投資をするなんて夢にも思いませんでした。

マンション欲しかった、家賃収入が欲しかった20代の私に聞かせたいこと。
賃貸事業を実現させるための第一歩を、簡単にまとめてみようと思います。

1.マンションを買いたい!インターネットで物件を調べて相場観を養おう

20代になったばかりの2000年頃は。
今のようにインターネットが発達していなかったので、
賃貸も売買も物件探しが本当に大変でした。
今ならネットで物件を調べられます。

物件を購入する条件で検索をして、
検討に値する物件は同条件で賃貸検索します。
想定される家賃を割り出し収支シュミレーションをするのですね。

最近個人的に熱いのがアットホーム
戸建賃貸や区分所有の場合は、
投資専用サイトを開かなくてもみつけられます。
けっこうお宝物件が眠ってるかも…

一棟モノのアパートやマンションなどの投資専用サイトは、おなじみの
楽待健美家を使っています。

自分がほしい物件情報の検索条件を登録しておけば、
毎日簡単にチェックできます。
とにかく毎日5分でも、物件情報を見る習慣が大切かも!!

2.家賃収入ほしい!不動産投資に必要な知識を体系的に学ぼう

会社員ではない生活を送りたい!
実現するために30歳の時に不動産投資を始めました。
(詳細はこちら)30代普通のOLが大家さんになれるまで全集

不動産投資をしようと決めてまず探したのが、
投資について真っ当に教えてくれるスクール。
これが意外と大変だった(^_^;)

投資に関する本やセミナーを読む。すごくいいこと。
しかし、教育費用をケチっちゃいけない…

できるだけ安い投資セミナーを探したり、
どの投資本を買おうか悩んでレビューを見比べたり。
頭への投資をケチって数時間かかってしまうなら…
物件探しをした方が賢明かも。

不動産に限らず投資って、著者なり講師の経験から生み出されるもの。
特に不動産投資の場合は、融資付けとか属性とか
個人の財務状況に大きく左右されます。
だからこそ、体系的に学ぶということが大事なんですね。

    不動産投資を体系的に学ぶとは?

  • 不動産投資の概要から、投資の収支シュミレーション
  • 物件探しから買付け申込に融資付け
  • 賃貸付けからリフォームに税金と出口戦略まで

不動産投資の勉強を始めて2年、
私が実際にアパートのオーナーになれた講座は不動産投資の学校でした。

講座を受けて繰り返し勉強をしたことで、
不動産情報を目にした段階で収支が浮かびます。
投資判断も早くできる分、より多くの物件を見ることができるとしたら?
失敗のリスクを減らせるとしたら?

まずは自分の頭の中、知識に投資することなのかも。
不動産は大きな買物なので、しっかり勉強して調べて買うことが大切です。

不動産投資の学校:中身や内容・評判について書いたレビューサイトはこちらをチェック

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク