EDiT(一日一ページ手帳)とMDノートダイアリーの使い分け

EDiTB6とMDノートダイアリー

EDiTを購入してから5日ばかりですが、
一日一ページ手帳をデビューして本当によかったです。
セミナーや商談でのメモなど情報を一冊にまとめられるのが助かります。

2014年は、MDノートダイアリーの手帳も買っており
年に2冊も購入してしまいました。。
過去を振り返ってみると同じようなこともしていたみたいで。。
月間予定&見開き一週間の手帳から、Re-Collectionに年中で買い替えていた…

やっぱり私には、一日1ページが向いているみたいです。

ただMDノートダイアリー自体は使い方の自由度が高いし、
モノは本当にいいです。
こういう人は向いているかも?とか、
じゃあ自分はどう使っているのかをまとめておきます。

EDiT(B6スープル)とMDノートダイアリー(文庫サイズ)の比較

私が使ってみたモノ限定になりますが、比較して表にまとめてみました。
いずれの手帳もバリエーション(種類)が多いので、とっかかりとしてご参考ください。
※詳細は公式サイトをどうぞ

 EDiT(B6スープル)  MDノートダイアリー(文庫サイズ)

 ページ構成  月間予定・一日1ページ・
 年間計画表・月間計画表・
付録多数
 月間予定・8分割メモ・無地メモ

 手帳のサイズ  B6サイズ  文庫サイズ

 糸かがり製本
(パタンと開くか)
 ◯  ◯

 価格  3,360円  840円

 こんな人に  メモをけっこう取る人・
 年間メモを一冊に
まとめたい 
 自己流でシンプルに使いたい・
 持ち運びが軽いものがいい・
 毎月の予定が分かればよいけど
メモ欄もほしい

 その他  A5・B7スマホサイズも有  新書・A5・A4変形・一日1ページも有

 公式サイト  EDiT公式ホームページ
 MDノートダイアリー

お気に入りのノートがある場合だと逆に、MDノートダイアリーの方がなんたって
小さく軽いのでピッタリだと感じています。

レシート貼るだけ家計簿兼日記帳のスクラップ&レコーディングシリーズを持っていて、
メモをガツガツ取らないタイプなら、MDノートダイアリーなら手軽に持ち運べます。
年間で考えても、EDiTよりもリーズナブルだったかもしれません。

EDiTを使うのはこんな時

手元に届いてからは、パソコンデスクの前に常に置いて使っています。
持ち運びも当然一緒。セミナーや商談のメモにもフル活用です。

EDiTがセミナーノート

株式投資の勉強も最近始めたんですけど、覚えておきたい公式なんかも、
学習した日のページに書いています。外出時の合間に読み返すためです。

さすがに板書の場合は、0.5のボールペンだと行間が狭いかも…
0.38(手帳用)のボールペンが活躍です(上の写真のメモは0.38を使用)。

EDiTを買ってみた!EDiTの中身のレビュー&感想ページへ移動(当ブログ内)

EDiT公式ホームページを見てみる

EDiT1日1ページの手帳を探す(楽天市場)

MDノートダイアリーを使うのはこんな時

EDiTに情報を集約させると決意したものの、
ちょこっと出かける時用のカバンは小さいので、
MDノートダイアリーが引き続き活躍しています。
お散歩すると、けっこうアイデアが降ってきます。
そんな時にメモするのにピッタリです。

MDノートダイアリー文庫にアイデア

以前この、お散歩中メモをスマホで代行したことがあったのですが、
スマホってロックをかけるじゃないですか…
ロック解除している間にアイデアをすっかりと失望したことがあったので、
やっぱり紙がいいなと思います。

結婚式のお呼ばれバッグなど小さいものだと、B6サイズはちょっと大きいですね。
お呼ばれの機会があったら、MDノートダイアリーの文庫本サイズが活躍しそうです。

手帳の再デビューとMDノートダイアリーの詳細記事へ移動(当ブログ内)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク