函館は…初めての北海道夫婦函館4日間モデルプラン2/4

函館五稜郭

夫婦水入らずで函館に、パワーをもらいにいった4日間のモデルプラン。
カップル(夫婦)で朝はダラダラ系、飲み食い満喫したい人はご参考にどうぞ。

函館パワースポット情報と安く行ける方法と函館1日目記事の続き、
2日目を語ります。

■目次■

  1. 北海道初旅行を函館に決めてよかった理由と函館旅行雨の1日目
  2. 函館旅行2日目:五稜郭タワーパワスポ巡りとウニ専門店(当ページ)
  3. 函館旅行3日目:大沼公園でサイクリングお得な秘訣と函館山からミシュラン3つ星夜景
  4. 函館旅行4日目:ベイエリア元町観光絶景情報と函館最後の海鮮祭り!

函館2日目:函館五稜郭タワーで☆北海道だけのウニ専門店も欠かせない!

ラビスタ函館ベイの朝食は9時半までの入場が必須。
おいしい朝食日本一のバイキングは3泊すれば3回挑めますが、
一度足りとも寝過ごすわけには行かない!
とはいえ、朝いきなり起きても胃に入らないので、
8時半には部屋を出て温泉に10分ほど満喫。
目と胃を覚ましてからレストランに行くのが正解だったかも。

バイキングコーナーでの出来事。
樽(容器)に満タンに入ったイクラを見た瞬間は「感動!」と同時に、
イクラ麻痺を起こしました…
樽の前に4粒ほどこぼれたイクラが転がっています。
なんて不思議な感覚なのでしょう!!
日常なら高価なイクラ。もったいない!あり得ない光景ですよね(^_^;)
なんて贅沢な…

ラビスタ函館ベイ朝食いくら丼

ラビスタ函館ベイで人気の絶品朝食バイキングはやっぱりおいしかったです。
お刺身も焼き魚系も、松前漬けもお味噌汁も全部!

隣には台湾系女子4人が、
洋食系モーニングとスイーツをお上品においしそうに食べていました。
みんな細くてカワイイ♥
イクラでぷってりとしたお腹をさする自分とは大違いです…

和食だけでなく、洋食系もデザートもその他のおかずも充実していました。
(バイキング会場の写真はさすがに撮れなかった、、
食べるのに忙しいのです…)

朝食1回目は料理を取り過ぎて、胃が苦しくしばし休息。
夜ごはんの時間までお腹が空かず。
食べ過ぎにはさすがに注意が必要です。

函館五稜郭:五稜郭タワーに感動する☆型と理由は?

函館五稜郭は外せない観光地です。
星形の城郭は日本で一つだし、歴史深い。
五稜郭タワーに登ると☆の形がしっかり見えますよ。

五稜郭タワーから

東京タワーにエッフェル塔、台北101や高雄85ビル…
それなりに数多くのタワーを登ったと自認していますが、
こんなに感動したのは五稜郭タワーが初めて!!

五稜郭タワーはパワースポットと言うけれど、何とこう不思議な感覚と言いますか…
背筋がピンと伸びる感じを味わいました。函館の街並みもキレイに見渡せます。

他のタワーと違い、窓が傾斜して造られています。だから窓も汚れにくく、
外がキレイに見えるのかと思いました。

函館の不動産物件調査もしてきました。函館は市電があるので交通も便利です。
実際にホテルから外出したのはお昼くらいですし、
観光して夕方に物件調査ができるくらいに。

該当物件近辺は地盤沈下が起きていました。
地をしっかり見ることが大切だと改めて実感。
(函館に限った話ではないけど…)

どんぶりあふれるウニ丼探し:北海道限定のうに専門店

夜はどんぶりに溢れるウニ丼が食べたいというダンナさんの夢を叶えたく、
ウニの専門店「うにのむらかみ」へ。

うにむらかみはクーポンもありました…

うにのむらかみ函館外観

函館と札幌しかお店がないので、これは欠かせないと思いました。
どんぶり横丁市場を通って市場内にあります。

函館朝市どんぶり横丁

ウニ丼定食を迷わずオーダー。
さすがにウニが溢れてはいませんし、想像よりは小さい丼でした…
が、ウニのおいしさは歴代一位かも!
おかわり自由のお味噌汁も磯の香りが最高でオカワリもの!

うにのむらかみでウニ丼口コミ

しかし、隣の席のおじさま方。
酔っぱらい、大声下ネタ連発の酒席で、うるさかったのがイタかった…
「頼むから駅前のワ●ミで騒いでこいっ!」って気分でした。
飲みは続行不可能と判断。

飲みはラビスタ函館ベイに帰り、13階のくつろぎの間にて缶ビールで追加乾杯♪

北海道限定サッポロ生ビール

サッポロ生ビールクラシック(Amazon)
北海道限定のようで、コンビニや売店でも買えますよ。
何度お世話になったビールか…

夫婦で函館旅行まとめ

ひたすら海の幸とお酒を楽しむべし!ガイドブックを一冊用意して参考に。
フリーペーパーも多数あり、地元向けなのでけっこう使えます。
函館山はもちろん、五稜郭タワーとベイエリア元町は観光する価値あり!

ガイドブックは立ち読みした結果、ココミルに女心がピーンと来ました。


函館 (ココミル)

「ココミル(ガイドブックシリーズ)-函館」を楽天市場で探してみる

3日目の大沼日帰り旅行と函館山は次回をご期待くださいね。

■続き記事■

ぐうたび北海道

フォローする