書籍「不動産投資の学校実践編」を読んで学べた3つのこと

不動産投資の学校実践編表紙

私が不動産投資に興味を持って、最初に買った本が
「不動産投資の学校入門編」でした。
あれから5年、2014年9月に続編となる
「不動産投資の学校実践編」という書籍が出ました。

不動産投資の学校 実践編

入門編を買ったんだけど、
実際に行動できなかった人に向けた本ですって。
確かに読んでいると、
かなり具体的なノウハウが書かれているんです!!

入門編はもう本当に初めての人向けに作られた本だと言えます。
2014年に新しく作られた実践編では、
不況から好況(?、アベノミクスなど)といった
市況の変化も捉えながら作られた一冊だと、私は感じています。

安いのにためになる一冊だと思うので、
特に学べた3つのポイントを書いておきます。

1.不動産投資を実践していく上での考え方や判断ポイントを学べる

「不動産投資の学校実践編」の前書きに書いてある通り、
実践する上で必要不可欠な知識や考え方、
投資判断の捉え方などを学ぶことを目的としています。

面白かったのが、章全てに「戦略」を考えるためのヒントを織り交ぜているところ。
不動産投資7つの戦略と、実践者のケーススタディで学ぶという
本当に分かりやすい構成になっています。

入門編と同じ、学校形式の横書き冊子構成も好印象です。
何かというと…

不動産投資の学校実践編構成

本の右側にガイドが書かれていて、「講義中」と書かれているのが面白い!
本当に授業を受けているような気分になれます。

個人的には横書きの本なので、教科書みたいで読みやすい!
不動産投資本は縦書きが多いので正直苦手なんです。
そんな中、貴重な横書き!

7つの戦略については特に面白かったのが、
第2章の「投資に必要なメンタル戦略」

できない、買えないよりもどうやったら買えるかを考える

もうホント、読んでてその通りってうなづきまくりですよー!
モチベーションを維持する秘訣なんかも、頷けること満載です。

ちなみに、不動産投資に興味があるんだけど…と思いつつ、
学習前の人には正直、用語などが難しく感じるかもしれません。
特に私も不動産投資の学校で実際に学ぶ前は、
入門編でもつまづいた人だったので。

実践編の前編である入門編から読んだ方が、もしかしたらよいのかも。
入門編と実践編を繰り返し読んで理解できた人は、さっそく物件探しをしても
よいレベルなのではないかなーと感じております。

2.不動産投資と株式投資の知識がつながる?!経営の考え方も学べる

不動産投資の学校実践編

入門編では決して取り上げられていない、
高度な新しい概念についても書かれています。

株式投資で決算書読みをしていると当たり前のことですけど。よく考えると、
不動産投資家の自分を会社決算に捉えて考えることのポイントを学べました。

↓ヒント

自己資本比率=純資産÷総資産×100

確定申告書で65万円控除ではない人は、貸借対照表(B/S)を作らないはずなので。
自分の中だけでも一度B/Sを作ってみることも大切だなーと感じました。

本を読んでいるうちに、
不動産投資を株式投資の考えから捉えていることに気付きました。
こう思うと、投資手法によってバラバラなようでも、
根っこは一緒なんでしょうね。

ファイナンシャルアカデミーのファイナンス戦略ゼミも参加してきましたが、
ファイナンス戦略の核となるところもかなりページを裂いていると感じます。

不動産投資家とファイナンスは切っても切れないですからね…
これ一冊にどれだけのノウハウが入っているのかって思いました。

3.不動産投資実践家の体験からも学べる

第8章では、初めて不動産投資をした人がどのように成功させたかのケーススタディ。
余談ですが、CASE2に注目です…(自宅兼アパートを新築って事例)。
なーんて(^_^;)

けれど実際に読んでみると、
人それぞれ投資を始めた経緯や購入プロセスは色々。

区分、一棟と複数の物件を一気に買っている人や
シェアハウスの運営とか。
相続で不動産賃貸業を始めた人や、
会社経営者の取り組む不動産投資など。

投資の手法は人それぞれだけど、
投資家がどのように考えて判断して物件購入までに至ったか。
どのような観点で賃貸経営しているかを体感できます。

書籍「不動産投資の学校実践編」で学べた3つのことまとめ

  1. 不動産投資を実践していく上での考え方や判断ポイントを学べる
  2. 不動産投資を経営として捉えられ、株式投資や経営の勉強にもなる
  3. 不動産投資実践家の体験からも学べる

2.については、投資歴5年目の私なりの感想で、
ピンと来ない人も多いと思いますけど、
これだけのことを学べる一冊って、ある意味すごいです。

私は20代前半の頃にぼんやりと。
不動産投資(区分投資)をしたいとイメージしていました。
けれどそれが投資であることも知らなくって、
そんなのムリって頭の中で取り消しました。

そんな20代前半の私に読ませたい本だな、と言えます。
そしたらもっと早く家賃収入が…
まあもっとも当時は、
ファイナンシャルアカデミー自体もなかったワケですけど。

不動産投資の学校入門編よりも具体的なアクションに重きを置いた本なので、
実践段階にいる人には新たな気付きになる一冊だと思います。


不動産投資の学校 実践編

>>Amazonで「不動産投資の学校」の本を探す
>>楽天市場で「不動産投資の学校」の本を探す

関連情報もチェック!

不動産投資を始めようと考えている人はこちらで基礎知識を!

不動産投資の学校 入門編

知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校[入門編]―「お金持ち大家さんになりたい!」と思ったら必ず読む本

※「不動産投資の学校 実践編」の関連商品で出てくるので、一緒にチェックを!

◆不動産投資の学校で実際に授業を受けたい人は、
口コミサイトで情報収集を!
不動産投資の学校.com

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク