書くことで能力向上?!手帳はデジタルから紙への回帰…?

机の横に一冊

最近「書くこと」にこだわっています。
書くことと言うのはズバリ、紙に書くことです!
手書きをする機会がなくなり、書けない漢字が増えてきたことと、
デジタル手帳での、とある困った出来事がきっかけで、
2年ぶり(?)に紙の手帳を買いました。

手帳を買ってからどんな変化が起きたのか、
どんな手帳を買ったのかをご紹介します。

なんでもデジタル化し過ぎて起きた2つ事件

デジタル生活から、
紙に書くことの大切さをつくづく感じた2つの事件がありました。
おそらくみんなあるんじゃないのかなーって思える話ですが、
こんなことです。

  1. 常用漢字の中でも明らかに簡単なレベルの漢字が書けないこと
  2. デジタル管理の閲覧ツール(スマホ)が、バッテリー切れや動作しないリスク

漢字が書けなくなったのは…言うまででもありません。
このブログでもそうですが、
普段はパソコンに向かってキーボードで文章を書きます。
だからいざ、手書きをしようにも、
小学校1年生で習ったような漢字が書けなかったりで。
大人としてどうなんだか… 自分自身に突っ込みを入れた夜がありました…

2つ目こそもっと切実な問題。多分あなたもあるはず…それは…

    外出先でのスマートフォンのバッテリー切れ!

外出先で、次回の商談の確認をしようと思ったら…
スマホが動かなくなりました。
Googleカレンダーで予定を管理。
スマホで見れるようにしていたものの…

スマホ動かない事件の時は、
記憶頼りに予定を設定し問題はありませんでした。
けれど予定が集中する時って、人生で時々ありませんか?
バッテリーを残しながらスマホを使うってのも本末転倒ですし。

帰り道には、ロフトでほぼ日手帳を中心に、
2014年手帳を物色していました。

紙手帳に戻して起こった変化は?!

手帳はあまりにも気に入ったものを手に入れたので、
後でご紹介するのですが、
紙の手帳に戻して、予定や考えをまとめたり、アイデアを書き綴っていたり。
少しずつなんですが、変化を感じてきました。

考えがごちゃごちゃしちゃって、結局進めなかった1日ってありません?
そんな混乱状態がなくなったと言いますか、ムダな時がなくなった感覚です。

    デジタル手帳から紙の手帳に回帰してよかったと思う3つのこと

  1. アイデアが浮かんだらすぐに書き留めておける
  2. 考えがまとまらなくなったら紙に書いてまとめていける
  3. 予定を見直す時がだいぶラクになった

パソコンやスマホに向かう時間が増える現代だからこそ、
紙媒体に触れることで、
脳みそに違った刺激を与えられるからなのか、と感じました。

ほぼ日手帳をあきらめた私が買った手帳はどんなのか?

ほぼ日手帳とは、2~3年前からヒットした(と思われる)1日1ページの手帳です。
インターネット販売以外では、ロフトで購入できる模様です。

ほぼ日を実際に使っているところを見せてもらったことがあったのですが、
糸綴り製法(糸かがり製法)と呼ばれる、ページを開いたら閉じようとせず
180度しっかり開く作り方が、心底いいなーって思っていました。

しかし、1日1ページだと空白の日が気になっちゃうことから、
月間スケジュールとフリースペースが多数ある手帳を探すことにしました。

近所の文房具屋さんにふらっと行ってみたところ、ミドリカンパニーという会社の
MDノートダイアリーに初対面!
書くことにこだわった作りというフレーズと、
日本製という輝く3文字に、つい手に取ってみました。軽いっ!
しかも、「糸かがり製法」と書きやすさを追求したフレーズに惹かれ、
即購入しちゃいました。

文庫本サイズの手帳です

MDノートダイアリー2014

ページを開けたらパカっと180度開く糸かがり(糸綴り)製法!

糸かがり製本の手帳

月間スケジュールはすっごいシンプルですね。余白しっかりです!

MDノートダイアリーマンスリー中身

フリーページは普通のメモ帳にするもよし、
8つに分けて週間ダイアリーにもできる。
使い方は自由自在な感じが魅力です。(ブックマークの紐が1本あります)

週間ごとにも使えるフリースペース

外側はめちゃくちゃシンプルです。ほぼ日手帳の本体みたいですね。
MDノートダイアリーには、
「2014 Diary」と書かれたシールが付属しています。

2014年が終わり、手帳を使い終わったら
背表紙のところにこのシールを貼ることで、
一冊の本といいますか。2014年の私の一冊が完成します!
なんだかステキですね。

シンプルな外側

ブックカバーは別売りでも売っているのですが、ひとまず自宅にあった
文庫本カバーで代用しちゃいました。結局このまま使っちゃいそう…

市販の文庫本カバーがぴったり

MDノートダイアリーはどこで買えるのか?

1:店頭で買う

メーカーサイトに販売店情報が掲載されていました。
しかし、私が実際に購入した文房具屋さんは掲載されていないので、
ひとまず近くの手帳を売っているお店に、ふらっと行ってみるとあるかもしれません。

2:ミドリオンラインストアで買う

近くの文房具屋で売っていなかったり、足を運べない人は時は金なり。
メーカー運営のオンラインサイトがいいと思います。
※送料全国一律525円、5,000円以上が送料無料
ミドリオンラインストアのMDノートダイアリーのページへ

3:楽天市場で買う

アマゾンでは取り扱いがなかったのですが、楽天市場ではありました。
楽天ポイントが貯まっている人や、送料525円が惜しいあなたはご参考にどうぞ。

楽天市場でMDノートダイアリーを探す

一日1ページの手帳も買いました。興味ある方はこちらもどうぞ
>>EDiTのレビューページ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク