35歳からの妊活はもうすぐ2年!不妊治療とステップアップ

治療イメージ

35歳になった月から始めた妊活ですが、かれこれ1年8ヶ月目の今日、
24回目の残念な結果となりました。

30代後半の妊活は私自身も驚く程結果が出ず、
ここまで来るとかなり落ち込みます。

そこで、35歳(正確には34歳)から始めた
妊活1年8ヶ月の取り組みをまとめると共に。
この経験をサイトにまとめていくことにしたので、
新設サイトのお知らせです。

妊活8ヶ月後の不妊治療開始と他のクリニックへの転院

35歳過ぎたら半年で不妊治療と言いますが、
不妊検査を早い段階で受けたのはよかったなーと感じています。
結果は夫婦共に原因不明。
妊活8ヶ月目から通院を始めました

横浜市内の不妊専門クリニックでしたが、
私の場合6ヶ月間はタイミング治療(下記記載)で。
以後はステップアップという計画でした。

が、通院先で子連れを多く見る環境からストレス増。
黄体機能不全みたいな症状が出てきました。
当時のクリニックに症状を訴えるも、問題ないの一点張り。

人工授精(下記記載)の失敗をきっかけに、今年から都内のクリニックに転院。
転院してからは、妊娠のために色々な治療を取り入れる先生なので、
私の性格にも合うようです。
待ち時間平均2.5時間とキツイのですが、自分なりに楽しく通院しております。

転院前のクリニック、ネットの口コミ情報はよかったんですけどね…
私は先生とどうしても合わなかった…どうせ通っているのだから、
治療にベスト尽くしてよ!って感じで。
人と人はどうしても相性ってのがあるようです。

横浜クリニック時代はちょうど近くに不妊専門の鍼灸があったので
そちらには月2回程度通い続けています。
鍼灸では完全、ストレス抜きをしに行く感じです。
鍼治療開始7ヶ月位から妊娠報告を聞くとのことなので、
もうすぐかなーと期待してみたり…

不妊原因が不明な場合はどうするべきか?

ところで不妊治療と言っても何をするのでしょう?
不妊検査と平行させながら、
初歩的な治療からスタートが一般的かと思います。

医療費や身体への負担の低いものから始め、3ヶ月や6ヶ月を目処に
治療のステップを上げていくんですね。
治療内容知っている人前提にざっくりまとめます。

  1. タイミング指導(妊娠確率2%前後、治療費月1~2万円目安)
  2. 人工授精(妊娠確率5%前後、治療費月2~3万円目安)
  3. 体外受精or顕微授精(高度生殖医療、妊娠確率15~20%、治療費30~50万?)

1.は前述の通り最初通ったクリニックでは、
不妊原因不明の36歳の私で6ヶ月間でした。

2.は最初の所も現クリニックも、3~6回を目安としています。
なぜなら人工授精をすると約8割の人は、最初の3回で妊娠するからとのことです。
それでもダメなら高度生殖医療(ART)にステップアップ。

3.の高度生殖医療の場合、治療費がハンパなく高額になります…
それだけ高度な治療なのですが都内某クリニックだと、
月50万円ほどかかるとのことでした。
しかも、100万円近くかかるクリニックもあるのだとか。

体外受精に関しては本当に、金額がネックですね。
1回15万円の助成金があるとは言え、
持ち出しになる金額が30万は固そうだからです。

じゃあその金額を出せば必ず妊娠できるか?そんなことはないんですよね。
体外受精を行って初めて明らかになる不妊理由もあります。
ピックアップ障害や受精障害など。もしかしたら自分もそうかもしれない…?

挑戦してみなければ分からないけれど、妊娠100%の保証はされていない。
これってかなりツライところです。勝ち目のない賭けみたいな感じ。
けれども、すがらずにはいられない…

4月は出張でタイミングが合わなさそうなので、
来周期ダメなら初夏の頃ステップアップします。
不妊治療開始後1年となる頃、うまくいくとよいのですが…

不妊治療のツラさは努力と結果が伴わないところと理解不足

私の2年足らずの経験をざっくりまとめてみました。が、高度生殖医療(ART)は
月ウン十万ものお金を出しても、解決できない可能性があります。
想像しただけでツライと思うのが普通ですよね?!
ところが世の中まだまだツライことが…それは
不妊に対する世間の理解です。

私自身ですら24回の挫折を味わいましたが、もし同じ24回分だけ
不動産投資の買付や融資申込とかで挫折したとしたら?
24回の経験はちゃんと、結果になって何かしら返ってくるはずです。
努力と結果は相関性があるので。

ビジネスだってそう。
できることを行い経験を積めば、それだけ売上も増えていく。
たいていのことは努力と結果が比例すると言えますよね。

けれど不妊治療は違うんです。
頑張って×2自分にストレスをかけるほど、うまくいかないんです。
努力と結果がここまで比例しないことって、あまりないんじゃないでしょうか?

ステップアップイメージ

それでも子供が欲しいから頑張ってお金を出して治療を受ける。
治療と言っても不妊治療の場合、2時間待ちはごく当たり前のことです。
診察日も月5回位でしょうか。
女性の思いがけぬ身体内都合なので日程が決まる時もあり、
思うようにはいかないことも。

不妊治療と仕事との両立、私のような自由業(?)ですら、
かなり大変なんです。
会社員として働きながらの不妊治療は、
想像を絶する程のスケジュール調整努力と
上司や同僚の理解が不可欠ではないでしょうか?

そこまで頑張っても、
リセット(妊活用語でダメだった時のこと)する時は、かなり落ち込みます。

一方で、やれ子供はいつ作るんだ?とか…
友人知人の子供(赤ちゃん)写真が
SNSや年賀状で否応なしに入ってくきたりして…
妊活中の人はみんな同じ悩みを抱えているんだろうなって。

自分も正直言って精神的にきついのですが(私はまだましな方かも)、
その図を想像するだけでもツライんです。

そんな人の悩みを100%理解しろとは言いません。
経験しないと分からない苦しみだから。
けれどもこんな悩みを持っている人もいるんだという事実を
一人でも多くの人が知れば…

不妊に悩む仲間にとって暮らしやすい世の中になるのかなーと思い、
あえてこちらのブログで、意見をまとめさせていただきました。

当ブログでの妊活記事は今日で最後にします。
不妊治療継続のためにも復収入作り、頑張らないといけませんので…
新設サイトに、もっと具体的でリアルな生の情報を盛り込んで行きますね。

同じ悩みを抱えている人はよろしければ、以下のサイトをどうぞ!まずは、
転院に役立つ内容や、基礎体温続けるコツ、漢方についてまずはまとめました。
>>赤ちゃん早くほしい!35歳からの妊活情報サイト

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク