仕事と育児の両立は難しい…仕事を頑張るための3つの仕組み作り

うつぶせ運動

うつぶせ運動。
首すわりや安眠効果があると助産師さんに教えてもらいました↑

生後100日を迎えた3ヶ月児の娘。首もしっかり座ってきて、
抱っこが少しずつ楽になってきました。
昼夜の区別も付いてきて、以前よりもちゃんと眠れるように。
…と思いきや、夜中に起こされることもあったりして(^_^;)
日進月歩と思うしかないようですね。

産休は6月下旬に終了しました。
自営業延長の小さな会社の社長なので、育児休暇は取りません。
とは言え、育児と仕事の両立が思うように行かなくって…
生後2ヶ月後半から娘が一人遊びを覚えてくれたり、お昼寝するようになって。
ようやくパソコンに向かえるようになった感じです。。

自宅で仕事をする人も増えるだろうなーってことで。
私が心がけている、自宅で育児と仕事を両立するためのヒントとして。
仕事を頑張れるための3つの取り組みについて書きたいと思います。

1.とにかくパソコンに向かいタスクや予定を確認する

1.は日常編。パソコンに向かったら、ただ呆然とネットサーフィンしないで…
今日のタスクや一週間、一ヶ月の予定を再確認します。

予定確認って色々と試しましたが、私はこのやり方がしっくり来ています。

  • 夫婦または会社のタスクや予定を共有する(dropboxやグーグルカレンダー)
  • 週次や月次の予定を確認して手帳(EDiT)に書いていく
  • EDiTの一日一ページをフルに使って思いのままを書いたりする

グーグルカレンダーは複数の人の予定を共有できます。
私は夫に同カレンダーを使うようにお願いして、共有設定。
プライベートから仕事まで何でもお互いに入れるようにしました。

細かい予定はdropboxに予定フォルダを作り、
テキストファイルを使って共有しています。

この2つを見ると、シャキン!って仕事モードに。
今日やることをEDiTに書いたり、思いついたことをメモしたりして。
するとだんだんと覚醒してきます。

覚醒してこれから!ってところで、育児にハマることも多いのですが…(^_^;)
EDiTを開きっぱなしにしておけば、PCに戻れたら即座に切り替われます。

EDiT一日一ページ使い方

産後で人生初めての腱鞘炎を患い、「書く」という作業もけっこう辛いのですが…
横線を気にすることなく大きめの文字で、ワサワサと書いていけば
手首も楽な気がします…

2.欲しいものを連想して「もっと稼ごう!」と思う時間を作る

今私の欲しいものの8割はなんと、娘のモノです。
育児に便利なもの、お洋服など色々。オムツも粉ミルクもおよそ全種類制覇して、
お気に入りのメーカーや商品が定まってきました。
そうでなくても欲しいものってホント、キリがないんです。
自分だけのものだと、ここまで強欲にならなかったよーな…

母親に買ってもらった娘のお洋服♡ ↓

赤ちゃんのお洋服

欲しいものを意識して、その商品を眺めたり手に入れた姿を連想する。
これは朝昼など、パソコンに向かって一人でごはん食べる時に楽しんでいます。

不動産や株の物色も相変わらず止まりません♪
見るのはタダですし、普段から見ておけばいざ、
「お買い得だ!」と思える瞬間が来ると信じています。

3.自分に投資。「お金を楽しく使う日」を作ってそれを楽しみに頑張る

自分に投資という概念を特に学べたのは、
ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座です。

お金の教養と言うとつい「節約?株に投資?」と思いがちですが、
それだけではないです。
自分のレベルが上がるものにお金を払うということ。
自分自身の教育はもちろん、
気持ちの良いお金の使い方をするという意味でもあります。

産後すぐは到底そんな余裕はなかったです。
それに「自分に投資」と言うと、自分の勉強に投資をするぐらいしか
思いつきませんでした。

けれどもありがたいことに、娘がいてくれることによって
「自分が母親からリセットできる日」というのも
大切だなーと感じるようになりました。

これを感じたきっかけが、夫婦で花火大会に行きたいと思ったこと。
毎年何かしら花火を見てきましたが、さすがに生後間もない娘を
花火大会になど連れて行けません。。
>>2015年は泊まりがけで伊東の花火大会へ(実は妊娠初期だった!)

そこで実家に帰り母親に見てもらい、実家近くの花火を見るという作戦決行!
帰りは株主優待券を使って、ディナーをしてきました。

株主優待券

いただいたのはコース料理の一番豪華なもの。
キャビア、オマールエビ、トリュフなど好きな高級料理を堪能♡
授乳中ですがたまには…と、日本酒も。
お酒飲んだのは妊娠発覚した、昨年8月以来!約1年ぶりでした(^_^;)

花火大会の後の横浜駅を見下ろしながら…

横浜の夜景ディナー

たまたま遅い時間の黄昏泣きがあったようで、
自分の母親には大変な思い(?)をさせましたが…
念願叶っての第一子なだけに、私だけでなく私の家族も幸せそうで。
それが何より嬉しかったです。

そんな久々な機会だったので、あまり値段は見ないで。
ただただ、夫婦2人で食事の時間を楽しみました。
そして帰りは娘と母の待つ実家に急いで帰るために、タクシーダッシュ!
普段とはけっこう違うお金の使い方でしたが…
こういう機会を持つことで
「もっと仕事頑張ろう!稼ごう!」
って思えるようになりました。

今は月1回、夫婦2人の時間を作れるように…
体力も付けつつ、育児や仕事を頑張ろうって思えるように。
なんだか不思議と、前向きに考えられるようにもなりました。

こういう心持ちって、実は一番大切な試みなのかもしれないですね。

まとめ:よりよく収入を増やすため、仕事頑張るための3つの習慣

  1. 仕事モードに入れる儀式作り(予定やタスクの確認など)
  2. 欲しいものを思い描く時間を作る
  3. 自分自身にお金を気持ちよく使う日を作る

かけだしの兼業主婦ママなので、まだまだ不慣れなことも多いですが…
仕事と育児の両立は単純な仕組み作りと、何よりもモチベーションが大事!って感じた
今日この頃なのでした。

そして3番目の「お金の使い方」ってのは本当に奥が深いです。
お金の額面でなく、得られるモノに応じてお金を支払うというか…
このあたりはお金を学んだことによって、しっくり来るようになりました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク