台湾ホテル選びで大失敗!事前の対策と解決方法

ホテル連泊休止

8日間の台湾旅行は3大トラブルがありました。
空港に向かう電車が人身事故を起こし、
危うく飛行機を乗り損ねるところだったこと。
持っていったデジタルカメラが壊れてしまったこと。そして…

台北ホテルで4泊するつもりが、宿泊不可能になってチェックアウト。
宿なしになりかけたこと!

台湾ホテル選びの失敗からのリカバリ方法や
対策についてまとめておきます。

台湾旅行後半の台北ホテル事件

台湾旅行は高雄(台湾南部)3泊と台北4泊で、その間の移動は台湾新幹線
飛行機は往復とも東京-台北便です。楽天トラベルですべて個人手配をしました。

高雄のホテル生活(一泊一室3,000元程度:円換算8,000円ほど)は大変満足でした。
予想以上にキレイ&ゴージャスでビックリ!
台北への移動が名残惜しいくらいに快適だったのです。

それだけに価格重視で予約した台北宿が不安に…
落差が出てきそうで。。
高雄でよかったホテル(六合夜一も近く豪華な設備)
高雄首福大飯店(実際に宿泊)
高雄首福大飯店隣の「高雄九福大飯店」もよさそう

そして不安は的中しました。
台北一泊一室1,480元程度、円換算で5,000円ほどの宿だったのですが、
愕然とするくらいにキレイではない。
雑居ビル内の2フロアをホテルにしたようなところ。
新しいのは(なぜか)壁にかかった液晶テレビのみ。

写真で見ると普通に見えるのですが…

写真で見るとまともなホテルっぽいR

驚愕だったのが、バスルームから漂う下水道のような悪臭!!
(お食事中の人ごめんなさい…)
シャワーを浴びる人が増える時間帯に、特にひどくなります。

バスルームには謎の穴が…これが原因なのでしょうか。。

浴室に謎の穴

楽天トラベルには付帯設備にあるとされていた、フェイスタオルはこれ…

フェイスタオルってこれ?

日本円にして一泊5,000円の海外ホテルって、
中国や韓国一人旅でよく使う価格帯なのですが、
ここまでひどいというか、居続けられないってのは初めてで…
鼻呼吸をせずに何とかシャワーを浴びたのですが…
残り3泊の継続利用は、夫婦共々到底我慢できなくって。
部屋の中に虫もすごかったし(T_T)

楽天トラベルの電話窓口もみつけられず、もはやホテルと直談判しかないと判断。
翌朝荷物をまとめてフロントに向かい、
残り3泊のキャンセルとキャンセル料の減額交渉をしました。

日本語話せる女性スタッフと交渉。
そりゃ、向こうも困りますよね、ごめんなさい…
けれどもう生理的にムリで…情に訴えて何とかお願いし続けました。

最後はフロントの人も心情を察してくれて…
何とかキャンセル料の折り合いを付けて、一部返金処理。
某ホテルを後にしたのでした。

    楽天トラベルについて

  • 記事執筆時点で念のため確認したら、台湾とハワイ・タイに限っては、
    楽天トラベル24時間対応カスタマーサポートサービスがありました!
    海外から国際電話で050-2017-8972(+81-50-2017-8972)です。
    最新情報はリンク先の楽天トラベルサイトにて確認ください
    (2014年3月時点の情報)。

  • HOTEL BOOKING CONFIRMATION の下部分もよーく見てみてください。。
    日本への発信になりますが、24時間対応の緊急連絡先がありました(T_T)

交渉後のホッとした顔。が、今までの旅行人生で一番辛い一泊でした。

ホテル連泊休止

安物買いの銭失いってやつです。反省…
チェックアウトでほっとした反面、残り3泊の宿がありません。
ネット予約もする気力がなく…
デカイスーツケースを片手に宿を探すため、
台北駅のインフォメーションセンターへ向かいました。

台湾ホテルを現地で予約する時はインフォメーションセンター

強制チェックアウト後は大きな荷物があったので、大移動はきつかったですね。
もはや家なし子の気分に^^;

とにかく今夜から3泊分のホテルを探すしかないので、
旅行者向けのインフォメーションセンターに行きました。場所は台北駅。

重いスーツケースを抱えて、とても広い台北駅を歩きます。
途中疲れきって、すれ違う台湾の人にインフォメーションセンターを問い合わせ。
みんなすごく笑顔で教えてくれました。その笑顔が胸に染みました。

私が横浜駅を急いでる時に同じ対応できるだろうか?
そう考えさせられる瞬間でもありましたね。
自業自得とは言え、心もちょっと弱っていたので(^.^;

台北駅は広かった…

台北駅の様子

なんとか海外旅行者向けのインフォメーションセンターに到着。
そこで日本語のできるスタッフの人を呼んでもらい、宿泊希望条件を伝えて、
条件を満たすホテルの電話予約をしてもらったのでした。

対応も親切です!おかげで脱家なき子!

紹介してくれたのはホテル サンルート 台北
日系なので間違えはないだろうと、電話で3泊の予約を予めしてもらい、
台北駅からタクシーで向かいました。

チェックインもスムーズ、お部屋に入ると昨夜のホテルとは天と地の差!
本当に天国でした!!

サンルートホテル台湾

さすが日系ホテル、トイレットペーパーも流せます。
日本のビジネスホテルそのもの!

サンルートホテル台湾紙流せるトイレ

台北ホテルの相場は、他のアジアより高め?施設名称にも注目

今回2つのホテル予約、現地での宿探しから導いた2つの鉄則です。

  1. 日本のビジネスホテルクラスを求めるなら、
    一泊一室2,000元台後半から3,000元は最低限必要かも
    ※日本円にして8,000円~10,000円ほど (レートが3.4の場合)
    ※オフシーズンの場合。年末年始やゴールデンウィークはもっと高め

  2. ホテル名称が飯店・酒店かをチェックする
    旅館はドミトリー?バックパッカー向けかも)

台北のホテル相場は、同じアジア旅行の中国韓国よりも
少し高めに見積る必要があるみたいですね。

台湾は地震とか日本が困った時に色々支援してくれる。
それでお礼がてら台湾旅行に行く人ってのも多いみたい。
そんな傾向から、近年人気上昇しているからかもしれませんね。

まあ私達もそんな気持ちがあっての台湾旅行だったので、宿代とかケチらずに
ドーンと台湾に支払うつもりで予約すればよかったのかも。
そうすればお互いウィンウィンだっただろうに…
めちゃくちゃ反省でした。

ホテル相場は訪れる人が多いと、相場が上がっていくものですし。
台湾の個人旅行や出張を考えている人がホテル選びで、
私と同じ失敗をしないことをお祈りします。。

何かあった時のことを考えると、そして短期間の旅行なら
ツアーもよいかもですね!HISは価格帯も安いので使いやすいです。

H.I.S. 台湾旅行

フォローする