時間管理は人生管理?!忙しい時こそ読みたい本

TIME DESIGNレビュー

12月になってから、一日一日がすごく早いです…

一方で年末は何かと忙しい時期なのに、
読書や学習などインプットに時間をかけていました。
なぜなのか?
それは「タイムデザイン(TIME DESIGN)」を読んで、
大事にしたいことが理解できたからです。

タイムデザインはただの時間管理術の本ではなかった!

「タイムデザイン(TIME DESIGN)」とは、
2013年に出版された泉正人さんの本。
泉さんは気付いたら何十冊…?
かなりの数の本を出していますよね(゚д゚)!

お金の本だけでなくビジネス寄りな本からエピソード本まで…
わずか数年の内にあれだけの本を出版するってすごいなーと思いました。

そんな数ある書籍の中で、タイムデザインを買った理由は、2つ。
一つ目は、投資の学校「ファイナンシャルアカデミー」の教室に行った時、
同校の創業者である泉正人さんの書籍が並んでいる棚の中で、
一番目立ったからです。

黒い表紙の本がすごく目立つ!!タイムデザインで学べること一覧(裏表紙)

タイムデザインで学べること

二つ目の理由が、ちょうど自分自身が色々とバタバタしていたため、
タイムマネジメントを見直したいと思ったからです。

しかし手に取って読んで、
「ただのタイムマネジメント本じゃない!」
と実感しました。
時間管理という枠を超えて、もっと大枠な本だったからです。

時間が足りないと思う心境と時間の意外な要素とは?

通常タイムマネジメントに関する本って、
どうやって時間を節約するか?
ポイントが置かれていると感じています。

実際に仕事術みたいな本はけっこう出ていて、
20代で残業続きに悩んでいた時に
けっこう買い込んでは、お休みの日とかに読んでいました。

仕事術ノウハウの数々はよいのだけど、
一方では何かが足りないと感じていました。実際に、
残業続きの状況を改善することもできなかったのです!!

時間管理術を学んでいた20代の頃よりも、
投資スクールに通い出した30代の方が
残業が確実に減ったのです!!

これって不思議ですよね。
転職もして環境も変わったので一概には言えないものの…
今から振り返れば、
20代の人生観は会社が全てでした。

しかし、30代になってから投資を知り…
会社以外のものに興味関心が出てきたのが大きな要因です。

ここから見えてくるのが、時間全体を見直す必要性です。
なぜ時間を節約したいか?それこそ、
自分が大事にしたいことって観点なのです!

これはお金にも言えますよね。お金って永遠にあるわけではない。
けれどあるポイントに優先的に使うことで、倍になって返ってくることも。

タイムデザインより印象的なエピソードを書き出します。

アメリカの投資家、ロバート・アレン。
タイム・イズ・マネー時間=お金ではない。
それならみんな大金持ちだ。

時間はお金のようなものだという意味。
お金と同じように貴重な資源で管理が必要。

時間管理の実例と時間を資産にする方法を学ぶには?

時間も管理するべきものだと分かったけど、どうすればいいのか?
タイムデザインを読みながら私が感じたエピソードがありました。

例えば、旅行を前にしている時って仕事がすごくはかどりますよね。
いつもだったら残業2時間かかる…みたいな状況でも定時で上がれたり!
楽しみがあるからいつも以上に頑張れる経験って、
みんなありますよね?

または楽しみな飲み会、人によっては合コンとかが今夜にあるなら。
それまでに仕事は何としてでも片付けようとしますよね。
それは、旅行や楽しみな飲み会が、人生での優先順位が高いから。

自分にとって大事にしたいもの(旅行・交流)が
浮かび上がってきていることに何だか気付かされたんです。

自分が大事にできないものに、時間もお金を使いたくないのと一緒で
時間って結局は。
自分の価値観を示していることに気付かされました。

タイムデザインを読んで学べること

時間に関する本を読んで学んだはずが、
人生観みたいなものを考えさせられる一冊でした。
タイムデザインというより、ライフデザイン?!
そしてお金と時間は同じようなもの。

お金と同じように時間の使い方に種類があるとしたら?
同じ時間を投入することで、その後の人生を大きくする勉強法とは?
時間を積み重ねるもので得られるものとは?

時間がないって思って焦ってしまう人こそ、一度立ち止まって
時間との見直し方を考えることが必要なのかも。
興味があればamazonや楽天ブックスで手配してみてくださいね(^_^)


タイムデザイン

>>「タイムデザイン」をamazonで探す
>>「タイムデザイン」を楽天市場で探す

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク