ワードプレス初心者が管理画面に入れないエラー時の対策

アフィリエイトチャレンジゴールドバインダー

今年から始めた通信講座、もしもという会社のアフィリエイトチャレンジ(以下アフィチャレ)
ですが、毎月到着する紙の教材を収納するバインダーがあり、
この度8月に、2冊目のバインダーが送られてきました。

シルバーが入会&初期教材についていたもの。今回はゴールド、カッコイイっ!
・6(ヶ月)×2(冊)=12(ヶ月)
の通信講座なので、このゴールドバインダーが折り返し地点になります。
半年って早いものですね。

さてさて、本題です。
アフィチャレテキストに出てくるワードプレスについて復習をしていた時、
ワードプレスで作成したサイトの「functions.php」を書き換えた以降に生じている
トラブルについて思い出しました(頭がパンクして忘れていました…)

ワードプレスの管理画面であるダッシュボードに入れなくなった時の対処法について
初心者目線でまとめておこうと思います。

ワードプレスでサイト作成する私のスキル

初心者目線て言ったって…実際にこのブログをワードプレスで作ってるでしょ?
いえいえ、違うのです。
Twenty Twelveという、WordPress公式のテンプレートを選び、
カスタマイズはインターネットで調べながら作っているのです。

プラグインというサイト運営を楽にするプログラムを入れたり、
phpという言語で書かれたプログラムを少しずつ修正していったり…

HTMLとCSSという、サイトを作る上で必要な言語は未だに実践ありきで
ほとんど覚えられておりません。。一方で未だに、
レンタルサーバーとかFFFTP(ファイル転送)とかよく分かっておりません。

レンタルサーバーではワードプレスインストールというものを使い、
管理画面(いわゆるダッシュボード)上で作業をしているだけです。

↓こんな感じ、無料ブログの運営みたいですよね(*^_^*)

ワードプレスのダッシュボード(管理場面)

ある夏の夕方、WordPressサイト作成に必要なキモ(肝)であるダッシュボード(管理画面)に
突然入れなくなってしまったのです!!7月下旬のことでした。。

ワードプレスダッシュボード(管理画面)に入れなくなった理由

ワードプレスでカスタマイズする際には、
・外観⇒テーマ編集
という項目を選び、サイト要素になっているプログラムを編集していきます。

例えばテンプレートでしたら、cssという箇所を修正していきます。

↓こんな感じ、目が痛くなりますよね。。

スタイルシート

注)2015年追記
ワードプレス管理画面で書き換えをすると、バージョンアップごとにトラブルが起こるので…
子テーマ(child)で編集していくことをおすすめします。
>>子テーマについて(ワードプレスでのサイトの作り方)

管理画面ログイン出来ない事件はこの作業の一つである、
「functions.php」というものを書き換えた直後に起こりました。。
ウンともスンとも言わないし、管理画面にログイン出来ない、サイトにもアクセスできない。。

出てくるのは、哀しいくらいにシンプルなエラー画像です(撮り忘れた)。

ワードプレスの管理画面やサイトに出てくるエラーはこんな感じ…

(サイトアドレス)を取得中にウェブサイトでエラーが発生しました。
ウェブサイトがメンテナンスのために停止しているか、
正しく設定されていない可能性があります。⇒ エラーコード: 500

アクセスを繰り返すとそのうち無情なことに…「サーバーエラー」とだけ出てきました。。

ダッシュボード(管理画面)のエラー解決方法

ひとまずはダメ元で、レンタルサーバー契約先の、エックスサーバーに問い合わせ。
ショックも冷めやらない翌日早々には、ご丁寧な回答をメールでいただきました。

    ◆エックスサーバーからの3つの回答概要

  1. WordPressのカスタマイズに関する問い合わせはサポートの対象外なので、
     明確な回答にならないことは了承いただきたい。
    ⇒問い合わせ時に注意書きがあったので了承済、ダメ元問い合わせ。

  2. 「functions.php」を書き換えることで、解決すると思う。
    ⇒ファイルマネージャーやFTPソフトを利用して、サーバーにFTP接続など…で
     私の脳みそはパンクしたまま一ヶ月が経過しちゃいました。。

  3. インターネットで「WordPress functions.php 編集 エラー」等で検索すると、
     関連する情報が入手できると思う。

2)のFTP接続やファイル転送で思考停止してしまっていたのですが、
FFFTPというソフトはパソコンに入れていたことがあり、とにかくアクセスしてみました。

結論から申しますと、FFFTPを起動(ログインも忘れかけていた)し、
以下のホームページを参考にしながら作業した結果、再び運営サイトや
管理画面(ダッシュボード)に入れるようになりました!!

※参考にさせてもらったサイト
functions.phpの使い方。編集して真っ白になったら確認(WordPress)

「functions.php」という名のファイルはいくつかあるみたいですね。
上記のサイトで書かれているように、
・wordpress→wp-content→themes→自分が使用してるテーマ→functions.php
の部分を、エラーが起こる前のfunctions.phpの記述に戻します。

なぜ元に戻せたかと言いますと、
一応バックアップとしてテキストデータに元々のfunctions.phpを控えていたからです。

アメブロカスタマイズなど、カスタマイズするために言語を書き換える前には必ず、
編集前の言語をテキストメモに控えておくべきですね!!!

ブログカスタマイズに必須な簡単バックアップ!

1)書き換える前の言語を控えておく

↓ キーボードの「Ctrl」+ 「A」を押す ⇒ 全部選択 ※色変わる
 キーボードの「Ctrl」+ 「C」を押す ⇒ コピー 

2)テキストファイルを開き(サクラエディタがおすすめ)、貼り付け(ペースト)する
 
 キーボードの「Ctrl」+ 「V」を押す ⇒ (貼り付け)ペースト

サクラエディタに貼り付け

3)ファイルをちゃんと保存するフォルダ整理術の記事をご参考

以上、
ワードプレスの超初心者が遭遇した、管理画面(ダッシュボード)に入れなくなった場合の
復旧対策方法でした。

ワードプレス(WordPress)のカスタマイズでも、この
「functions.php」は、
余計なスペースや一文字が入っただけでも同様のエラーを起こす
非常に繊細なプログラムなんですって。
プロでもやらかしてしまうほどとか…

初心者の場合は、常に×2、バックアップ!
ダッシュボードにアクセス出来なくなった時に、ご参照してみてくださいね。

参考・まとめ

◆素早い対応がステキなレンタルサーバー

ワードプレス(WordPress)に特化したサービスもあるようですが、
私は従来からある通常のサービス(月額1,050円)を使っております。

一般的に安いと言われているレンタルサーバーでも、
機能や運用出来る数を上げていくとほとんど同じでした。

エックスサーバー



サイト作りに不可欠なプログラミングが無料で学べるサイト

サイトを作るのに不可欠なコードとか学べるプログラムです。
オンラインで24時間無料体験できます!

ワードプレスコースもサイト作りに役に立ちそうです(^^)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク