海外個人旅行でツアー代半額?!旅程表エクセルフォーマットを公開

パスポートとプライオリティパス

2月末から一週間ほど、台湾旅行に行くことに。
確定申告の打ち上げと称して…♪

台北と高雄、台南の三都市を周遊する完全個人手配。
航空券とホテル(2ヶ所)は楽天トラベルで手配。

オプショナルツアーも含めて、ツアーは一切利用しないで行きます。

海外旅行経験は20回。
多いのか少ないのかよく分からない経験ですが、
ツアーに頼らずに海外旅行に行くコツや手順を改めてまとめておきます。

※関連記事
海外旅行を「消費」ではなく「自己投資」に効率よくする3つの手順の続きです

個人旅行計画用旅程表を一度作っておくと楽だった

海外旅行を投資にする3つの手順という記事で書いた通り、
台湾に行くと決めてからはさっそく、インターネットで情報収集を始めました。

台湾は2014年に夫婦で行こうとガイドブックは購入済。
しかし、延び延びに…
計画を見直したところ、2月末は私達にとって一番いいタイミング!ってなワケで、
思い立ってから旅行決行までが10日という
急ピッチな状態ではあります…

ハワイの新婚旅行で作成した旅程表をさっそく取り出し、
表の修正をしながら旅程を立てること約2日。
後は仕事を片付けて、台湾に行くだけという状態に持ってこれました(*^_^*)

エクセルで作成する旅程表フォーマット公開

台湾の時差はマイナス1時間なので、
日時(縦)旅程・備考欄(横)だけのシンプルなもの。

台湾個人旅行用旅程表サンプル-R

海外ツアーの旅程表は一般的に、現地時間で記載されますよね。
同じ要領で使います。
しかし細かい時間まではきつきつに立てると慌てるし疲れちゃいます。

3時間or6時間単位で旅程をまとめ、
特定の時間を控えておきたい場合(列車時刻など)は、
4桁24時間制で記載しておきます。
備考欄は参考になったホームページやURLなどを書いておきます。
補足資料的な意味合いです。

ハワイの時の旅程表のサンプル。時差がマイナス19時間!
何泊何日とか、ホテルの予約の時、間違えそうになります。。

日本と現地それぞれの時間を並べて記載しておくと、
手配を間違えることがありません。

ハワイ個人旅行用旅程表サンプル-R

旅程表は出発前に印刷しておき、元ファイルは
ドロップボックス(dropbox)に保管しておくと、
情報サイトへのアクセスが楽になります。
(このへんは参考程度にどうぞ)

個人旅行にするとツアー代半額は大きい!

旅程表に計画をまとめておくと、
現地に行ったら身を任せるだけなので気持ちが楽です。

ネットで調べて旅程表にまとめる癖を付けると、
海外ツアーに頼らなくても海外旅行を楽しめます。

台北は5年前に行ったことがありますが、当時は調べる時間が本当になく、
海外ツアーで行きました。
3泊4日&祝日も重ねていたため、
ツアー代は一人あたり6~7万円でした。

今回は8日間で同じくらいの値段です。ってことは半額?!
(平日出発の恩恵もありつつ…)

一番近いツアー5日間で9.3万-R

同日出発の2都市周遊ツアーも調べてみたのですが、一人9.3万円。
延泊で同日数12万円程度。
同条件のツアーがないので一概に比較もできませんが、
個人旅行という感じでもないかも…

海外個人旅行で安く自由に行きたい人は、
エクセルで作る旅程表とインターネットを活用してみてはいかがでしょうか。

※私が愛用しているサイトはこちら(楽パックで手配すればツアー状態)
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

※ツアー代が全般的に安いのはHISですね

フォローする