OLしながらの不動産投資:投資と仕事を両立する3つのコツ

私が不動産投資というものを知って、
投資の勉強や物件探しを始めたのは31歳の時でした。
仕事もしつつ、物件探しや投資セミナーの参加って大変なのは確か。
けれども投資を続けていくには、3つのコツがあるのかなーと感じます。

OL(会社員)をしながら物件探しがイメージできないって人にも、
参考になれれば幸いです。

1:毎日少しずつ続ける・できなかったら次頑張る

不動産投資だったら、
物件を買って家賃収入を得ることをゴールと考えて
それまでにどんな活動を継続すれば達成できるかを再確認。
日々のタスクに落としてみます。

    家賃収入を得るまでに必要なプロセス一例

  • 一日の終わりに不動産物件情報を見てみる:購入のため
    検索サイトを絞り、
    条件設定をしておけば新着情報だけをチェックできるようになる

  • 休日2日間の内のどちらかは、物件の現地調査に行く:購入のため
  • 週に一度は不動産投資のセミナー(スクール)を受けたり、本を読む:自己投資

自分なりに一日(日次)や一週間(週次)のタスクを作っておくと、
投資の活動が習慣化します。

参考までに私は、手帳にチェックボックス(□)を設けていて、
チェックを付けることを日々の喜びにしております。
目標を達成するために毎日することを3つ作る!日次タスクの勧め

一方でどうしても日次や週次タスクをできなかった時も、
不達成をくよくよせず次に進むようにします。
人間ですもの、色々あります。頑張れる時もある。
精神的な問題なら3.も参考になるかも…

2:楽しいこととセットにする(自分にご褒美)

不動産投資スクールで教わった投資の教えの中でも、
喜んで実践していたことの一つです。

物件調査に行ったら、タクシーに乗ったりおいしいごはんを食べて帰ったり、
お酒を奮発♥
普段だったらガマンすることを少しだけ解放してあげるのです。
すると脳は、投資活動イコール楽しいと認識。
人間の脳って意外と単純らしいんですね。

楽しいこととペアにする、
頑張った自分をねぎらうことで物事って続けていけるんですね。

3:疲れた時は投資を学ぶ!本を読んだりセミナーに参加

投資について学んでおけばきっとどこかで。
投資について学習していてよかったなーっと思う局面があります。

つまり、相場に上がり下がりがあるように、
投資は一生学び続けるものだと認識を変えてみる。
学んでおけばチャンスの窓が開いた時に、波に乗れるとも言われていますし。
もちろん学び続けておかないと、チャンスも認識できないんでしょうね。
その証拠に知らない投資手法に関しては、
何がいつチャンスなのかも理解できていませんし…

物件探しや現地調査などの行動にどうしても疲れが出てきた時は、
思い切って休息。
コツコツ続けるにはとにかく、
自分に厳しいだけではダメだと感じるのです。

ストレス発散や身体の休息もしつつ、
投資に関する本を読みあさりました。
本を読むことで、投資する目的を再認識できますし。

不動産投資スクールも、毎週東京で行われる平日コースにはしっかり通いました。
週に一度だけ残業をせずに帰ることで、
仕事との向き合い方も変わる気もしたり。

セミナーに参加をすることで、
セミナー参加費用は回収しよう的な新たなヤル気も出てきます。

投資セミナーは実践者に学ぶ!
独立系のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」

将来のお金の不安、一緒につぶしていきませんか?!

私達の将来、お金は大丈夫なんだろうか?
預貯金一億円貯めないと生きていけないってホント?
日本は借金だらけで崩壊しちゃうんじゃないの?

将来のお金の不安を一番感じやすいのが、私達現役世代です。
お金に関しては損している世代なんて言われていますが、
果たしてそうなんでしょうか?

お金の不安、将来の不安を解決できる第一歩は
正しい知識を得ることです。

私達は義務教育でも、お金について学んで来ませんでした。
けれど知ること、学ぶことはいつでも始めることができるし、
お金について学び続けることは、不安を潰していく一つの手段です。

一緒にお金について学んで行きましょう。その第一歩はこちらから。

お金の教養プラス口コミ
年金のニュースを見る度に、将来のお金に対して不安に思う… 年金支給年齢は引き上げられ、定年後10年、もしかしたら20年。 どうやって過ごせば...

関連記事

不動産投資を始めるのに宅建は必要か?

賃貸住宅フェア2013東京をまとめてみる

投資5年目で実感する「いい不動産投資家」になる3つの条件

不動産投資フォーラムの参加とターゲットを絞る重要性

不動産投資の利回りはどれだけあればよいか?

マンション(不動産)を高く売りたい!すぐ実践できる2つの方法

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 まとめサイトへの引用も厳禁と致します。