共働き夫婦の家計管理を簡単にする2つの方法と自営業の場合取り組みたいこと

これから結婚を前提に二人暮らしになりそうなあなた。
おめでとうございます!幸せを祈るばかりです。

けれど気になるのが、共働きの場合の家計(お金)の管理でしょうね。
一般的によく目にするのは、妻の収入だけで生活し夫のお給料を
そのまま貯める…というパターン。

この場合気を付けたいことと、自営業の場合もう一つ把握したい
お金の流れについて。
私達の経験からの方法論と、自営業の場合のお金管理について
ざっとまとめてみたいと思います。

1.夫婦どちらかのお給料で生活する時に気を付けたいこと

共働きお金管理で一番ラクなのが、夫婦どちらかのお給料口座で生活をし、
もうひとりのお給料口座をまるまる貯金するという考え方です。

けれど一般的に、妻のお給料で生活をして 家計管理をする方法を
よく聞きますが、それには一つ落とし穴があるんですよね。それは、
育児休暇です。

女性は産前産後休暇は絶対ですし、育児休暇もまだまだ、
妻が取るケースが多いのが現状です。
お勤め先にもよりますが一般的に、育児休暇中の収入はない。または、
減ってしまいますよね。

その間、旦那さんのお給料で生活をしていきます。

こうなった場合、クレジットカードの引き落とし口座や、
銀行口座引き落としも、妻口座から夫口座に変更しなければなりません。
また、2人目、3人目…の出産の度に、引き落とし口座の変更をするのは
かなり大変です。

なのでもし、一人のお給料で生活をして、もう一人のお給料を貯金に回すのなら。
育児休暇を取らない人の給与口座を設定するといいでしょう。
つまりこの場合、夫のお給料内で生活をする。妻のお給料は
まるまる貯金をするとかなり貯まりますよね!

もちろん、夫の方がお給料が多いかもしれませんが、
二人で予算を決めてその中でできているかは
月1でも3ヶ月に一回でも確認することをおすすめします。

目次に戻る▲

2.手間はかかるけどお小遣いもない!共通口座で管理する方法(事例)

夫婦それぞれのお財布から一定金額を出し、共通家計口座を作る方法です。
共通家計口座は新しく作ってもいいし、どちらかのすでにある口座でもOK。

最初にそれぞれからお金を入れて、共通家計口座から
家計現金を引き出し、そこから支払う。
やむを得ず各人のお金から家計のモノを買う時は(立替)、
月に一度とか決めて精算し、立替分を個人に支払います。

うちはこの方式でかれこれ6年。
参考までに、我が家の家計管理の方法をお伝えします。

詳細はこちらの記事に書いておりますが、
二人それぞれの銀行口座から、家計専用の口座を作ります。
銀行口座引き落としやクレジットカード支払いの口座も
共通家計口座にします。

共通家計口座から現金を引き出し、その現金からお金を支払うことを基本としつつも。
やむを得ず 各個人がお金を支払ったら 1ヶ月に1回立替た分を精算します。
また一か月ごとに、生活費、養育費(子育てにかかるもの)、医療費…などを集計して
一つの家計管理表にまとめます。
そこで月一回費用を見直して、お金の状況を把握していきます。

面倒ですが、慣れるとそれなりに習慣化します。
また共通家計口座も減るので、3ヶ月に一度などに、
各個人口座から補充します。

目次に戻る▲

3.自営業の場合は総合収支表を作ってみよう

自営業の場合、家計共通の口座以外に総合収支表を作ってみるのもよいです。
家計、自営業(または株式会社)それぞれに収入と支出を算出して
差額を収支として出して行きます。

実際にうちで使っている総合収支表を元に、
こんな感じで作ればいいよってイメージです。

ものすごい細かい表ですね(汗)目安は月1回で付けています。
家計の精算時に家計の欄は集計。会社(事業)の方は記帳する時に
入力するとスムーズです。

総合収支表を付けると、全体的に収入が増えたか減ったか…とか。
支出が増えたか減ったかなど、どれだけお金を作れたかを
集計することができます。

会社員以外にも副業を行っている人も、少し面倒にはなりますが
エクセルでフォーマットを作って、一ヶ月に一回。厳しい時は
3ヶ月に一度でも。把握してみるといいですよ^^

目次に戻る▲

共働き夫婦の家計管理を簡単にする2つの方法などまとめ

  1. 片方の給料だけで生活する場合、働き続ける方の口座で引き落とす
  2. 共通口座を作って月1回集計する方法なら家計全体を管理しやすい
  3. 自営業の場合は事業の収支、家計の収支も総合的に把握すると良い

お金を稼ぎ持ち続けるのには、お金について学ぶことも必要ですね。
もしあなたがお金の勉強をしたことがないのなら、
お金の専門学校「ファイナンシャルアカデミー」のお金の教養講座で
お金の事を学び始めてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルアカデミーが初めての人は、初回に限り
無料で受けることができますよ。

お金の管理方法は人それぞれですが、お金の教養講座では
うちの方法よりももっと簡単な、家計簿の付け方も学べますよ。

お金のことを不安に思っていても、何も始まりません。
どんな小さなことでも良いので、学んでみる。最終的にお金の不安をなくすのは。
お金に対して学ぶことなのだなーと日々、感じています。
ファイナンシャルアカデミーお金の教養講座について調べてみる
実際に受けられた人の口コミや開催日時についても書かれていますよ!

目次に戻る▲

お金について学ぶことは「自由」への第一歩

お金のために今の仕事を選んでる…
将来のお金のために貯金を増やさないといけない
老後を考えるととにかく不安…

20代の私がまさにそうでした。
お金のことを知らなすぎて、学んだり勉強したいと思っていても
どこから手を付けていいか分かりません

南エリナ(著者)のプロフィールはこちら

30代、お金のスクールファイナンシャルアカデミーにて
不動産投資を学び、アパートを購入。家賃収入を手に入れました。

毎月ほぼ決まったお金が入る喜び、安心感のおかげで
会社を退職。好きなことだけを仕事に生きています。

30歳の時、不安を抱えながらもお金について学び始めてから
人生が大きく自由に変わりました。

今はいい時代です。
お金の専門学校があったり、お金のパーソナルトレーニングもあります。

お金も英会話や習いごとのように、実際に習う方が身にも付きますし
自分へのインパクトが大きい。

そんな経験を一人でも多くの人に伝えたくって、
当サイトを運営しております。

お金を学ぶためには、どの金融商品にも依存しない、
中立的な立場で学べる場が必要不可欠です。

ファイナンシャルアカデミーは約20年続いている
独立的なお金の専門スクール。

金融教育を受けたことがない人向けに、お金の初歩から投資まで
トータルに学べるスクールです。

ファイナンシャルアカデミーお金の教養講座の詳細はこちら

お金の教養プラス口コミ
年金のニュースを見る度に、将来のお金に対して不安に思う… 年金支給年齢は引き上げられ、定年後10年、もしかしたら20年。 どうやって過ごせば...

ファイナンシャルアカデミーに加えて、女性が安心してお金を学べる
ブーキー(bookee)という、個人レッスンも始まりましたよ。

オシャレな空間でカフェするように、お金を学べて
実際に資産を500万増やしている人も!

ブーキー(bookee)について調べてみる

ブーキー(bookee)の個人レッスンの体験談はこちらです。

不動産投資スクールで学んだファイナンシャルアカデミーの関連企業で 「ブーキー(bookee)」というお金のパーソナルジムができました。 お金...

ネットではなかなか読めない!本レッスンの体験口コミです↓

ブーキー
お金のパーソナルトレーニング(ライザップお金版)のブーキー(bookee) 先日の無料体験レッスンからステップアップさせまして、 本番の...

関連記事

共働き夫婦のための家計管理2つの流れとクレジットカードの選び方

小規模企業共済の意外な落とし穴とは?!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 まとめサイトへの引用も厳禁と致します。