夫婦で不動産投資はおもしろい?!不動産投資忘年会へ参加

不動産投資の忘年会

今年も早いもので後3日間ですね。
忘年会ラッシュでせっかく心置きなく飲める時期に限って風邪!
鼻と喉が調子悪いという軽症なので、
アルコール消毒ってことで参加しています^^;
久々の風邪はそれなりにツライので、大掃除も仕事も思うように進みませんが…

そんな忘年会ラッシュの2日目は、
投資母校の受講生集まりの忘年会でした。
そこで、すごく新しいカタチを実感できました。

不動産投資の新しいカタチとは?

投資母校とは、ファイナンシャルアカデミー。
不動産投資の学校や同校の不動産投資系セミナーに参加した人の集まりでした。
幹事の方々の人脈で、年末暮れに30人近く集まるという大規模な忘年会!
すごい!!
人数の多さと熱気にビックリしたものでした。

個人的にすごく懐かしい、大崎ゲートシティ

大崎ゲートシティ2014

私自身は初めて会う方は半分位でしたでしょうか。
けれどみんな同じように、
不動産投資を学びながら実行中。
決済したばかり…みたいな人もけっこういて。
融資情報についても、アンテナを張り巡らせる人も多くてですね、
私もこのままじゃいけないなーと、刺激をもらえました。

参加者の中でも多かったのがこのパターンです。

    夫婦で不動産投資に取り組んでいて、投資の会に夫婦参加

ダンナさんまたは奥さんが不動産投資の学校で学び、知識を蓄えておき。
普段の投資活動は夫婦で取り組んでいるって人々が多かったです。

夫婦で不動産投資を行う人が増えている?

夫婦で参加している人達にお話を聞くと、
検討する物件や将来の目標がけっこう一致。

これって本当に大事なことだと思うんです。同じ目標に向かって、
夫婦で不動産投資のセミナーにも参加したり、物件調査したり。

思えば我が家がまさにそれで、
物件の現地調査やセミナーがデートみたいなもの。
いわゆる「デート」ってものは、最近していないんですけどね(^_^;)

また物件も二人で選び、購入と融資は属性のよいダンナさん。
妻が連帯保証人を組む。
夫婦で買えた物件って、
これまた自分の物件とは違う愛着(と責任)が出てくるものですね。

不動産投資を夫婦で行っている人のエピソード集

夫婦どちらかが不動産投資や資産形成に興味を持ち、
本格的に学ぶことを決意。
もう片方の妻または夫が、最初は大丈夫か?と思ったものの、
一緒にセミナーを受けたり本や教材で学習していくことで、
相方も同じ方向に考えが向くように…

学ぶ係とサポートする係に、
本格的に役割分担ができている夫婦もいらっしゃいました。

昨日の忘年会にはいませんでしたが、
私の友人(専業主婦)でも彼女が本格的に
不動産投資の学校で投資を学びながら、物件調査。
ダンナさんは本業で頑張りしっかり稼いで、
融資を組める体制を作っているという。

または、ダンナさんはしっかりと会社で働き年収アップを目指し、
奥さまは子育てと起業にチャレンジという夫婦も。

私もまさにこのカタチに近いかもですね。
2年半前会社を辞めたのは、
自分自身の起業チャレンジがあって。

今のダンナさんと将来を話し、
ひとまず彼が会社員という属性を活かして物件追加購入。
私は賃貸経営や物件探し諸々を、
会社の仕事で忙しい彼の代わって頑張りました。

2012年6月に会社辞めたので、もう2年半が経つんですね…
その間も色々なことがあった2年半でしたが、最近は会社も作り、
また新しい段階に来ているようにも感じます。

不動産投資で夫婦愛も深まる?!

夫婦参加または、
奥さんの理解もあり投資をしている人達に話を聞くと…
やっぱり夫婦で仲がよいんですよ!!
夫婦の仲が良いから、
将来のこととかお金に対する価値観とかが似てくるのかもしれません。

けれど色々な人と話しているうちに、
夫婦仲良しにもこんな図式があるように思いました。

    不動産投資や投資という話題があるから、夫婦仲がもっと仲良くなる!

不動産投資の新しいカタチまとめ

  1. 夫婦で不動産投資を行うケースが増えている
  2. 夫の属性を活用して購入&融資、他は妻が全面バックアップ!
  3. 不動産投資のセミナーや物件調査がデートで愛も深まる

自分が不動産投資に興味があっても、妻(夫)が微妙な考えの場合。
金持ち父さん貧乏父さんの書籍がある意味で、
理解を得られる起爆剤になるようです。

それにしても忘年会は楽しかった!二次会まで行きたかったけど、
夜は風邪症状がきつくなるので、泣く泣く帰宅の途に尽きました。

ゲートシティ大崎と月

大崎駅で見えたキレイなお月様(右の方)、
来年はどんな年になるのでしょうか…?!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク