楽フェス(楽天市場イベント)から学べた3つのこと

楽フェス2015東京ビッグサイト

賃貸住宅フェア2015東京に参加してきた同日、
同じ東京ビッグサイトで
8月1日(土)から5日間開催されていた楽天市場のイベント、
楽フェス2015にも足を運んできました。

目的は食べもの…だけじゃなくて(^_^;)
楽天市場のイベントって、なかなかレアなのかなーと思ったからです。
どんなものが流行ってるんだろ?とか…

賃貸住宅フェアだと投資投資…しちゃうので、バランス取るためにも
消費者目線の時間も設けようと思ったからです。

ところがあらかじめもっと事前に調べておけばよかった!
そんな後悔と共に、楽フェスに行ってよかったこと3点をまとめます。

楽フェスを知った経緯と参加する方法

賃貸住宅フェアは前々から行く予定でいましたが、
楽フェスは知りませんでした。

テレビで、「楽天市場の人気商品をお試しできるイベント」と紹介されていて。
会場となる、東京ビッグサイトに行く日と重なるというこれまた偶然で!
そこで、賃貸フェアを中抜けして行くことにしたのです。

本当に同時開催、レアなタイミングでした↓

楽天市場イベントと賃貸住宅フェア

東京ビッグサイトに行く時、私はりんかい線の国際展示場駅を使うのです。
そこで、なんと!
駅前で楽フェスのチラシが配られていましたよ!!

楽フェス入場チラシ

参加無料とはあったけど、事前登録とかいるのかなーと思いきや…
至って普通に告知しておりました。来るもの拒まずウェルカムイベント。

一定金額以上の買物で使える割引券クーポンも入ってたりして。
入口ブースで割引券に引き換えてもらいます。それ以外は
入場には何一つ手続きがありませんでした。

楽フェスの食べものエリアの様子

そんな大イベントだからか、最終日にも関わらず人がいっぱい!!
私が個人的に思ったのは、子連れの人が多いなーーーってこと。
夏休みだから?

まあごくまれに私のように、写真カシャカシャ撮っている人もいました。
アフィリエイトしている人にとっても、楽フェスはネタの宝庫ですね。

第一目的のランチ。
お昼時はずらして14時頃の来店でしたが、まあ…
のんびりは食べられない感じですね。

けれど歩いていると色々なご試食のお誘いが(^^)
大きな試食販売コーナーってな感じ!
色々とお試しできて本当によかったです。

とは言え、うどんやラーメンなど待つブースはけっこう待ちます。
時間がもったいなく感じることもあったり、
少しずつ口にしたことでかえってお腹がすいてしまいました。

一品はお試ししないと気がすまない!!そこで、
「8秒に一本売れる」というセールストークに惹かれて、
手羽先餃子をお試ししました。

手羽先餃子

確かにおいしい!思わずビールが飲みたくなるような…
揚げたてのおいしさはもちろん、鶏と餃子のタンパク質を
両方摂取できるようなお得ぶり!
>>楽天市場の手羽先餃子

暑さにやられた身体に染みわたる感じでした♡
揚げたてできたてのおいしいものを食べれるってのも幸せですよね(^^)

手羽先餃子揚げたて

そして「8秒に一本売れる」って。
すごい強烈で心惹かれる言葉ですよね。

こういうのを生み出すためにはやはり、消費者目線も必要だと実感しました。

楽フェスの全体的感想

食べものコーナー(正式名称:うまいもの大会・グルメエリア)以外にも、
ファッションエリア・ビューティーエリア・ライフスタイルエリア…と
楽天市場に出店しているお店のブース(リアル店舗)が、ジャンルごとに並んでいます。

会場で配られるパンフレットをもっと見ておけばよかった…
パンフレットを見直すと、後で色々と後悔がよぎります。。

楽フェスの様子

途中、ティーライフのルイボスティーお試しコーナーで
のどを潤し元気をもらったり♡

壁紙屋本舗で実際に商品を見れたり、壁紙張りの様子を見学できたり。
他も同じように、商品を手に取りながら…リアルに体感できるのもよかったです。

壁紙屋本舗の壁紙お試し

セルフリフォームに興味ある人にとっても、ライフスタイルエリアで
情報収集はできるはずです。

そして、入場時に配られるのが楽天のポイントカード「Rポイントカード」。
パンダのかわいいオリジナルデザインが、パンフレットの束に入っています!

パンダが限定モノ、下のものが普通のRポイントカード。

楽フェス限定のRカード

Rポイントカードを既に持っている人は、専用サイトから
限定カードの利用登録ができました。一人3枚まで登録できるみたいです。

楽フェスで消費トレンドとキャッチコピーを学ぶ

2つのイベントを同時に回ってみて…かなり特殊というかレアな状況なので
あくまで私の感想として書いておきます。

賃貸住宅フェアは大きく分けるとこんな人達が多いです。

  1. 不動産業に従事する人たち(出店者・講演者含めて)
  2. 不動産賃貸業を行っている大家さん

不動産投資勉強中の人も大家さんに含まれますね。
とにかくみんな仕事で来ている感じ。

一方楽フェスはこんな人たちでいっぱいでした。

  1. 楽天市場でお買物をしている消費者
  2. 楽天市場に出店している会社の人たち
  3. (一部)ブロガー?の方、明らかに仕事目的の人

人数構成的には圧倒的に1.が多かったですね。
ビールを手にしている人(祭りだから?)も多くて、飲みたい衝動にかられつつも…
後の賃貸住宅フェアのために我慢しました(^_^;)

2つの会場を行き来したことで、
個人的にはものすごくギャップを楽しめました。

ところで、会場を後にする前に。ものすごい行列を目にしました。
DHCのお試しコスメコーナーです。推定待ち時間は1時間かそれ以上!

コスメお試ししたい人には天国でしょうね。
そりゃ、待ってでもお試ししたいところ。
色々なものを試したかった人にとっては、こういう機会こそ貴重なのかと思いました。

ここで感じたのは、
自分の興味関心以外の世界に触れられる機会だったってこと。
今の時勢を感じるというか… 
何がきっかけになるか分からないですものね。

直接的に「何を学べたか?」と考えると、改めてまとめる必要がありますが…
楽フェスは参加してみてよかったなーと。
何事も経験だな、と改めて感じたのでした。

楽フェスで学べた3つのこと

楽フェス参加のメリットはまとめると3つでしょうか。

  1. ネット上で気になるものを実際にお試しできる貴重な機会!
  2. 賃貸住宅フェア(仕事目的)と客層が違うので、「消費者」を知れるチャンス
  3. 今の消費者トレンドや動向、惹かれるキャッチフレーズも学べた

特に1.に関して言えば、手にとってこそ試したいものって必ずあるはずです。
次いつどこで開催されるかも分かりませんが、
機会あればまた足を運びたいと思ったのでした。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク