投資セミナーに参加する時の最大の必需品は名刺

プラダの名刺入れと名刺

先週末は投資戦略フェア2014に続いて、私にとっての投資の母校である
ファイナンシャルアカデミーの受講生限定懇親会に参加をしてきました。
不動産投資の学校へは2009年に、
株式投資の学校は現在受講しております。

そこでセミナー参加に関して、
すごーくもったいないなって感じたことがあったので、
まとめて&率直に書いておこうと思います。

セミナー参加には個人の名刺が必需品

セミナーに参加する時は、メモに筆記用具は基本中の基本。
しかし、名刺も忘れちゃいけない!
セミナーや懇親会が土日連続であったので、
私自身50人以上の人とお会いしました。
一言二言会話を交わした人から、それ以上に語った人まで。

名刺があれば後日メールまたは、
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアもあります。
一度会った人が人脈になる可能性がありますよね。

しかし名刺がないと言われてしまうと…
名前をたとえ聞いたとしても、何十人も会っていればどうしても忘れます。

私も投資はじめの時にはそこまでは意識していなかったのですが、
自分の名刺を持っていないということが、自分自身&その人自身に
もったいないことなのだ、とつくづく感じてしまったのです。

セミナー参加には勤め先の名刺がまずいワケ

名刺交換しました。渡されたのがお勤め先の名刺…というパターンも多いです。
名刺交換した方の5割がそのパターンでした。これまたもったいないです。
投資家としての自分の価値を下げてしまうことになると思うからです。

なぜなら、勤め先の名刺はその人が、自社の仕事をするために用意をしているもの。
勤め先の経費(販売管理費)から出ているものですよね。
その人の私的な活動である、
投資や副業のために用意されるものではないんです。

名刺一枚とて、お金の流れを分かっていないんだな、と
相手に知らせてしまうことになります。
また個人同志としても、A社のあなたと投資仲間になるわけじゃないんです。
あくまで、あなたと投資仲間になりたいんです。

だから会社の名刺は、
名刺交換をする相手のためにもやめたほうがいいと思っています。

個人のセミナー参加向け名刺を安く作る方法とコツ

まず私の場合は、
本名と住所や電話番号と個人情報ギッシリの事業用名刺と、
投資家&サイト運営者の南エリナとしての名刺2つを作り持ち歩いています。

不動産業者さんや銀行の人、サイト運営の場合はASPや広告主には
事業用名刺をお渡しします。
投資家としての活動はすべて、南エリナの名刺をお渡しします。

マヒトデザイン名刺

名刺は一箱100枚入りが一般的。高いんじゃない?と思われがちなのですが、
それはそれはリーズナブルに作れる方法があるのです。

詳細は以下の記事にまとめているので、ご参考にしてくださいね(*^_^*)
マヒトデザインで名刺をリーズナブルに手配

セミナー参加の名刺3か条

  1. 筆記用具と同様に名刺は必須!必需品!人脈が育ちません
  2. 勤め先の名刺は勤め先のモノ!絶対に私的の場では出さないこと
  3. 名刺は2パターン作ると便利(特に女性の場合、念のため…)今はネットで安く作れる
    >> マヒトデザインで名刺をリーズナブルに手配

♪♪ビスタプリントのプレミアム名刺♪♪
1000以上のデザインから選べる。写真/ロゴアップロード可。




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク