● 特集記事

● 最近追加した記事(本文は下にあります▼)

家主と地主2020年6月号に大家を目指す女子の会が紹介されました!

2020年5月26日

家主と地主掲載

●家主と地主2020年6月号に、「大家を目指す女子の会」が紹介されました!

2020年5月15日に発売された「家主と地主」という雑誌にて。「大家を目指す女子の会」が掲載されました!

この記事で分かること(目次を閉じる時は「非表示」をクリックしてください▶)

家主と地主の取材までの経緯について

こちらのブログ、2020年の1月から受けたブログセミナーでの学びをベースにリニューアルをしたのです。

不動産投資だけでなく、起業のことやちょっとプライベートのことなど書いたりしたい。

そのため、AnireNoteというブログタイトルにしました。デザインも違いました。

OLを目指す女子向けブログ

▲投資のブログだと分かりにくかった頃…(OL 副業 不動産投資)

更新も、育児の合間になって更新頻度も減り…

というよりは。何のためにどういうブログ運営するかにゆらぎがけっこうあったのです。

そんな悩みの中。
会社(法人)の登記住所として活用しているバーチャルオフィス。
「まちなかbizあおば」の学び場で、ブログ運営に関するセミナーが開催されたのです。
※「まちなかbizあおば」については別途記事にします。

1月から月1回のペースで開催されていたのですが、ブログで大切なのは
誰がどんな人のために情報発信をするか。
そんな人が検索しそうなキーワードを元に、記事を書くという。
至って真っ当な正解でした。

ただ正解は分かっても、自分のことやビジネスに落とし込むって
けっこう難しいですよね。

講師に個別コンサルも受けたりして。
色々模索した結果、一つの答えが出ました。それがこちらのブログタイトルです。

OLが副業を不動産投資で始めて自由で豊かに暮らす方法

自分のように、何もないところから不動産投資を始めるOLさんが知りたいことを、メイン記事にしようと考えたのです。

同時に、投資のお友達との会合をうまく活用できないかと。
そんな経緯で、大家を目指す女子の会というページを作りました。

ちょうどブログセミナーのおかげで、不動産投資関連のキーワードでの訪問者が増えたあたりで。

あの、家主界のゴールデン雑誌である…
家主と地主から取材依頼を受けたのです!

新型コロナウィルスで緊急事態宣言下だったので、電話取材となりましたが、このような機会をいただけたことに感謝です。

 

大家を目指すには何から始めればよいの?

さて、大家を目指すには何から始めればいいのかを考えると。
色々あるんですが、身近にできることの一つに。
この家主と地主を定期購読するということにあります。

家主と地主掲載大家を目指す女子の会

▲大家を目指す人必須な雑誌「家主と地主」(OL 副業 不動産投資 ブログ)

家主と地主という雑誌は、私が不動産投資を学んだ不動産投資スクールで知りました。
そりゃそうです。普通に生活をしていたら、家主と地主というタイトルの雑誌に目は行かないですよね^^;

家主と地主というタイトルの雑誌が定期的に自宅に届けば、
投資のモチベーションが落ちていた時でも…
「あ、そうだ。私は家主と地主を目指すんだった!」
とスイッチが入るから…定期購読が良いというお話でした。

あれから10年経って…
昔は3ヶ月に一度の季節誌だったのが、毎月届くようになり…
その分情報量と、「家主と地主スイッチ」が頻繁に入るようになり助かりました。

家主と地主の中身は、満室経営の方法や不動産投資に関する最新情報。大家さんの事例など。まさに、不動産投資をする上で最新の実効性のある情報の宝庫と言えます。

不動産投資の書籍だと、比較的個人の成功体験に基づくことがクローズアップされがちです。

ただ、家主と地主の場合は扱う事例も多いし情報も多方面なので、客観的に学べる書籍(雑誌)の一つだと思います。

家主と地主の購入方法

家主と地主のおすすめは定期購読になります。
家主と地主定期購読申込みページ

余談ですが、今回の取材で一緒に並んでいる
全国賃貸住宅新聞の4月27日号の20ページコラム(今週の玄関ネタ)にも掲載いただきました。

内容は賃貸経営ではなく、私が個人で始めたアフィリエイトについてです。

大家を目指すOLの必須資料

▲小さな新聞なので持ち運びにも適してる!(OL 副業 不動産投資)

賃貸住宅新聞は毎週届くので、さらなるモチベーション維持効果が期待ができます(笑)。
実際に私も、不動産投資スクールに通っていた2年間は、家主と地主に加えて全国賃貸住宅新聞も購読しておりました。

基本的な内容は、不動産会社向けです。

ただ、不動産会社は賃貸経営をする上で大切なパートナーです。そんなパートナーや仲間の事情や関心を知る上で、賃貸住宅新聞はとても役に立ちました。

月に一回は「大家専科」という大家さん向け情報も発信されて。
視野を広げる上でも欠かせなかったなーと感じています。

家主と地主については、いきなり定期購読がきついとか。試したいという場合は。
今は、全国の本屋さんでもお取り寄せできるようですよ。

ネットでは、Amazonで購入しやすいです。
楽天ブックスでもその時々ですが、中古含めて売っていたりします。

大家を目指す第一歩として、最適な一冊ではないでしょうか。

「家主と地主」をAmazonで探す
「家主と地主」を楽天市場で探す

著者情報


OL向け不動産投資アドバイザー 南 エリナ
プロフィールや実績など詳しく見てみる