賃貸住宅フェア東京の中身と効率的なブース周りの方法

賃貸住宅フェア2014

6月24日~25日の2日間、
全国賃貸住宅新聞が主催する賃貸住宅フェアに参加してきました。

賃貸住宅フェアは4回目になりますが参加の度に、
賃貸住宅フェアのまわり方や楽しみ方を覚えてきたように思います。

賃貸住宅フェアで満室経営を学ぶ前に決めておきたいことの続き記事として、
賃貸住宅フェアのブース周りが楽になる方法について書きたいと思います。

東京ビッグサイトとかで行われる大きなイベントにも応用が効くかもしれません。

賃貸住宅フェア東京について

賃貸住宅フェアとは、アパートやマンションの大家さんや、不動産会社、
建設に関連するサービスや商品を販売する企業の祭典のことです。
全国賃貸住宅新聞という賃貸住宅新聞社が主催するもので、
入場無料のものです。

賃貸住宅フェアは全国津々浦々と主要都市で行われていて、
毎年およそ夏の平日に2日間に、東京ビッグサイトで行われる
賃貸住宅フェア東京がおそらく大きいイベントだと思います。

全国賃貸住宅新聞や「家主と地主(雑誌)」を定期購読していると、
書面で案内があるので、
自分が行ける範囲で参加してみるとよいのかな?と思います。

過去3年間の東京会場の傾向ですが、東京ビッグサイト内のこの字型の広い会場。
大家さん向け・不動産会社向け・法律系・投資系と大きく4つのエリアに分かれています。
出展ブースはもちろん、セミナー会場も8つほど用意されています。

2014で初めて気付きましたが、大家さん専用ラウンジみたいなのがありました。
コーヒーやお茶にお菓子が用意されていてVIP気分!

賃貸住宅フェアオーナー専用

賃貸住宅フェアは広いですね。会場を普通に歩くだけでも10分はかかります!
しかし真ん中のホールから4エリアに繋がる出入口を押さえれば、
狙いのところに直行できるようになっています。

ポイントは会場で配られる会場地図ですよね。フェア会場にも点々と掲示されています。
入場時に公式ガイドを渡されるので、会場地図と講演スケジュールを片手にまわります。

賃貸住宅フェアに毎年参加をしている理由と価値

私なりの賃貸住宅フェアに参加をする理由は、生で体感できる情報収集のためです。
賃貸新聞でよく見かけるぶんり君も実際はこんなんだなーって、実物に触れられます。

ぶんり君

2013年も見ていたハート型浴槽
大きさもデザインも女性向け物件を作れる!

ハート型浴槽

オシャレな省スペース洗面台も実物が見れる!

省スペース洗面台

昨年、今年と賃貸住宅フェアでは投資仲間もできました。
偶然とは言えそれだけでも、価値があると感じました。
有名な大家さん(投資家)のセミナーもありますし。

そんな私も、サラリーマン引退を目標にゼロから不動産投資を始め、
投資用物件探しに奔走している段階では興味半分でした。
賃貸住宅フェアはおよそ月末の平日開催なので、会社を休めなかったですし。

しかし、不動産投資のセミナーも開催されているので、
お仕事中(と思しき人も含む)の大家さんもけっこういらっしゃいました。
不動産投資専門の会社もブースを出していますし。

お目当てのセミナーがあればそのタイミングで半休とかで、
さらり参加もありかもです。
サラリーマン不動産投資家向けの不動産投資フォーラムというフェア
週末に開催されていました。
次もあるのかな…?
サラリーマン大家さんはご参考に、過去記事どうぞ。

ビジネスフェアのブース周りが効率よくなる方法

賃貸住宅フェアに限った話ではないんでしょうが、
ビジネスイベントのブースの周り方って
けっこう難しくないですか?

テレンス・リーセミナー告知板

出展者は当然だけど、一人でも多くのお客様候補に声をかけるでしょう。
一方で自分としては、興味のあるブースや
自分のビジネスに有益な商品やサービスの情報収集に注力したい。

しかし、つい声をかけられては、興味半分の段階でお話をじっくり聴いてしまい、
肝心のブースにたどり着く前にダウンしてしまったり、歩き疲れてしまったり…

過去2回の賃貸住宅フェアは、帰宅後の疲労感がけっこう大きかったんです。
セミナー座席取りや、暑い季節のせいかと思っていましたが、もしかしたら…
ブースの周り方に慣れていなかったからだと思われます。

今年は興味のないブースの人に声を掛けられても無理をせず、
ノーのサイン(笑顔で手を振る)を送っていました。

それくらいの方が自分自身も楽しかったし、疲れなかったし何より!
丁寧な応対をし過ぎてしまい、出展者にも超見込み客と誤解されたら、
お互いの労力がもったいないですよね。

ビジネスイベントブース周りに限らず、
ウィンドウショッピングや物件探しにも
応用できるかもしれませんね。

    フェアの効率的なまわり方のまとめ

  • 興味無いブースはソフトに断る(笑顔でNO!)
  • 興味あるブースにエネルギーを残しておくこと
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク