株式投資の学校の授業の中身と即実行できたこと

株式投資の学校テキスト

私が不動産投資を学んだ母校のファイナンシャルアカデミー。
不動産投資の学校の他にも
株式投資やFX・外貨投資のスクール(通信講座)があります。

この度ありがたく、株式投資の学校で投資を学び直すことになりました。
勉強を開始早々にどっぷりとハマってしまったので、
投資の学校感想と口コミ、実行の成果をまとめてみます。

株式投資を学ぶことにしたきっかけは?

株式投資歴は2010年からでもうすぐ4年目になるのですが、
勘トレードから卒業したいと思っていました。

と同時に、不動産投資にも言えるのですが…
アベノミクスが始まってからは投資商品が
全般的に割高になっています。
その中でいいモノを見つけるためには勉強するしかないのかな?と
思っていたところだったからです。
これはいいタイミングでしたね!

株式投資と言えば昔独学で勉強しようとして本も何冊か購入したのですが、
アルファベット3文字あたりで挫折…
仕事の忙しさも併せてつい、おざなりになっていました。

2009年、不動産投資の学校で勉強を始めた際にセットで申し込んだ
会計スクールで、財務諸表が読めるようになりました。
ファンダメンタルはそれで何とかなるかなーと。
そしてチャートを見ていると、なぜかカンが冴えるというか
直感的に降ってくる感じがあって…
そのまま勘トレードを続けていました。

勘トレードの結果は、総じて悪くはなかったです。
3万円以内の割安株を数ヶ月から1年くらいのスパンで売り買いするスタイルで、
平均利回りは10%、アベノミクス以後は20%を確保していました。

利回り200%が見込める(現時点)大成功株もあれば、
損切りをした株も多々あります…
しかし、レバレッジをかけていないので、資産が大きくは増えません。
レバレッジに関する学習も含めて、次のステップを求めていた頃でした。

株式投資の学校での学習方法

ではさっそくですが、株式投資の学校の教材の中身を。
ファイナンシャルアカデミー投資の学校は、
スクールに通うことができる教室受講付きのコースと、
PCの前で動画で学べる自宅受講コースがあります。

今回の私は、自宅受講コースです。
投資の学校を申し込むと自宅に、このようなテキスト+DVDパックが到着します。

株式投資の学校テキスト

自宅受講、教室受講いずれも、DVDとテキストが手元に届きますよ。

株式投資の学校テキスト

ありがたいのが、
投資セミナーをパソコンの前で受けることができること!
直近に行われた投資の学校のセミナーを、
マイページ(受講者専用サイト)から観ることができます。
この自宅受講は、2013年から始まった制度らしいです。

この自宅受講は画期的ですよ。
私が不動産投資の学校に通っていた頃は自宅受講システムがなく、
教室に行かないと学ぶことができませんでした。

今までは東京や大阪で行われるスクールになかなか足を運べず、
投資の勉強を断念した人も多かったのではないでしょうか?

おかげさまで、自宅で勉強できる時や
スキマ時間に学ぶこともできちゃいます。

株式投資の学校学習イメージ

詳しくは、不動産投資の学校の口コミサイトにまとめています。
不動産投資と株式投資、スクールは違っても基本システムは同じですので
気になる方は参考にどうぞ(^^)

投資の学校で学んで実行したこと

3連休はどっぷりとハマってしまい、
直近の株式投資の学校スクールを観て勉強していました。
PERやPBRという数値も、文字面で見るとその場では理解した気になりますが、
実際に授業で習って教わると、理解度が違うと言いますか。
改めて意味が分かるんですよね。

即座に実行したのは2つです。
保有株式の見直しと株式の一部売却でした。
会社四季報の冊子を使って、
業績が抜群によいものの割安な株を探すトレーニングを実践開始。
するとただ安いだけで、
優待だけで買ったような株がけっこうありました。。

2014年から株式売却益に対してかかる税金が、20%に戻ってしまうそうです。
2013年、今年中に売れば10%とのことで、売却を判断した株は即座に売り注文。
※追記:12月25日(水)に約定した分までが、税率10%になります

売却して入ってきたお金と証券口座内に入金してある元手を使って、
株式投資の学校で学んだことを元に、新たな株を選定。
再投資をする予定です。

株式投資の経験があっても、勘トレードに自信がない人はもちろん。
株式投資をしたことがない人にとっても、すぐに実践に移すことができる
講座だと感じました。

株式投資の学校公式ホームページへ

※追加関連記事
>>2014年からテキストと動画プレイヤーが新しくなり、さらに勉強しやすくなりました
>>株式投資には欠かせない四季報を少しでも安く定期購読する方法
>>株式投資の学校で学習始めて1年半後の具体的な成果
>>2年間繰り返し受講を続けた総括記事になります(2016年1月末受講終了)

スポンサーリンク