思考は現実化する?!不動産投資に必要なメンタリティ学び直し

元手300万で資産を永遠に増やす

先日の不動産投資フォーラムの脇田オーナーの講演で、
すっかりヤル気になった私。
激安物件を主に現金買いで、
コツコツ資産を増やしていく不動産投資手法です。

「ん?待てよ?!激安物件現金買いで資産を増やした人がいたよな?」
そう思って取り出した一冊でした。
元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法

投資物件を探していても、いい物件ってなかなか出会えません。
それは嘘偽りもなく真実だと思っていて。けれども、物件を買い続ける人は
そもそもメンタリティが全然違うよなーって学べる一冊です。

「元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法」の概要

著者の松田淳さんは、普通の家庭に生まれたごく普通の人。
小さい頃はセミコレクションにハマっていて。
この時以来夢中になれたのが不動産投資だったと言います。

幼い頃からなりたかったお金持ち。バイトから俳優志望の時期と
ホームセンターの会社員時代を経て、今は専業大家さんをしている松田さん。
会社を辞めた後の投資手法は、もっぱら現金買い&セルフリフォームなんだとか。

一棟目、二棟目のアパート(マンション)一棟は融資を受けて購入。
この時のエピソードに、思考は現実化するの一端を感じることができます。

松田淳さんだからできたんでしょ?!とは感じさせない、嫌味のない一冊です。
むしろ、読めば読むほど味が出る一冊だとも言えます。

ちなみにこちらの本はダンナさんが購入。
朝の通勤電車に欠かせない一冊とばかりに、しょっちゅう持ち運んでいた感じで。
相当読み倒した後があります。

「元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法」で感じること

「思考を変えることで不動産投資に成功した人って現実にいるんだ」と
勇気をもらえます。

お金持ちになる夢

例えば、セルフリフォームについて。
外国の場合、自分たちの家(または賃貸用不動産)を壁紙をビリビリ剥がして
リフォームをするってごく当たり前のことなんですって。
確かに、ホームドラマ(?)なんかでそういうシーンを目にした気がします。

ところが壁紙の張替えってやってみないと何とも言えない…
うまく行かなさそうな感じがしますよね。

やってみると意外に簡単にできることの一つが、
セルフリフォームだったみたいです。
>>セルフリフォームを初体験した時の記事はこちら

またある時は、神奈川県の山奥のお得物件情報が舞い込んできました。
NSXというスポーツカーにすぐに乗って物件の現地調査を即実行。
問題ない物件だと判断して買い付けた(=購入申込をした)松田さん。
一方で他の人は、どうせ田舎だから、賃貸付けができないから…と
あきらめてしまう。。

思考というより私達の持つ「思い込み」が、行動を制限している。
投資という場面においては、
思い込みを一つ一つ外して行動をしていくことが不可欠なんだって。
思い込みから思考を変えることの大切さを学べました。

思考は現実化するを不動産投資に落としこんでみる

著者の松田淳さんも、投資手法に共通項の多い脇田雄太さん(前述)も。
物件を探す段階のメンタリティが、
明らかに自分とは違う!とつくづく実感します。

脇田さんもタダ同然の物件を購入した、とセミナーで言っていましたが、
激安でいい物件なんて世の中にないだろーって、
普通は思うわけです。

そこをちょっと変えてみる。思考は現実化するワケだから…

ごく稀にいい物件は出てくる!こういう物件が出れば即買う!

こう思いながら物件探しした方が楽しくなる。
結果的にいい物件に出会えるってワケですよね。

めげそうになったらまた手にしたい!
手元に置いておきたい一冊でした。


元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法

アマゾンで探す
楽天市場で探す

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク