所有物件を満室にするためのレントロール管理

暑い日が続いて、まさに夏本番ですねっ!!
不動産物件調査には厳しい季節が続きそうです。

毎月中旬といえば、賃貸用不動産の収支報告書が郵送されてきます。
レントロールを受け取って行う大切なお仕事…

    所有物件の収支報告書まとめ!!

レントロールとは
所有物件の入居状況をひと目で把握出来る表です。
レントロールを作成しながら入居状況を注視する習慣が、
満室経営をする上で大切だと思います。

レントロールって何のこと?!作り方はどうするの?!

レントロールというのは、物件ごとの賃貸管理状況を表にしたものです。
レントロールはだいたい、次のような項目が書かれています。

  • 各部屋ごとの家賃や管理費(共益費)や預かり金・敷金などの金額
  • 契約年月日
  • 各部屋を借りている人の情報(職業や年齢など)

不動産投資として物件を購入する段階ではレントロールを見て、
売主さんと価格交渉。

    レントロールから読み取れる価格交渉2つのポイント

  1. 現在の入居率がどれくらい長く維持できるか
    ⇒契約終了日を確認し、近々大勢退出の予定がないか。あるなら価格交渉。

  2. 現在の賃料が、市場の賃料とかけ離れていないか
    ⇒市場賃料に照らし合わせて、あまりにもかけ離れているなら価格交渉。

購入を検討した物件のレントロールを見続けた結果、
レントロールはエクセル(Excel)でまとめられていると思われました。

・レントロール エクセル(Excel) フォーマット(またはテンプレート)
でインターネット検索をしたのですが、いいテンプレートがない。。

探すほうが時間もかかりそうだったので、自分でレントロールを作ってみました。

レントロールをエクセル(Excel)で自分で作ってみる

画像でお見せ出来ると一番いいのですが、個人情報を流せないのでイメージで説明致します。

エクセル(Excel)で次のような表を作ります。

  • 縦軸:所有物件と各部屋番号・入居者名と契約終了期間(毎月最新情報に修正する)
  • 横軸:●●年●●月(1月~12月の月ごと)
    ⇒縦横が交差する項目に、家賃・管理費・その他(敷金や更新料など)を入力

レントロールの基本はこれで完成です。
後は毎月メンテナンスをしていくことが大切です。
賃貸用不動産を万が一売却する時は、
Excelでデータベースとしてのレントロールを作っておく。すると、
買主さんからレントロールの要求があった場合は、
エクセル(Excel)を加工・抽出してすぐに提出することが出来ます。

満室経営をする上では現状把握が不可欠です。
現状把握とは、入居率が何パーセントくらいかを常に把握すること!!
入居率を把握するためには、レントロールにもう一工夫が必要です。

レントロールで入居率を把握するコツ

入居率とは、二つの算出方法があります。

  1. 部屋数ベースの入居率(入居部屋数÷全所有部屋数)
  2. 賃貸費用ベースの入居率(毎月家賃収入÷所有物件募集家賃)

さきほどのレントロール表の横軸を月単位にすると申しましたが、
月ごとに合計賃料を、Excelの表計算(SUM:合計関数)で表します。

ダミー(仮)のデータで作成してみました。
毎月の縦軸項目の一番下に合計値を設定しています。

レントロール月ごとの集計

上3つのオレンジや下部分の黄色で塗りつぶしてあるところは、
自動計算のセルという意味です。
該当月に頂戴した家賃を各物件ごとの項目に入力していくと、
すべての所有物件の合計値が自動算出されるようにしています。

上から2番目(想定経費)は、
賃貸運営にかかる経費を仮に15%とした場合の経費を表しています
築古の物件が多いとリフォームなどの費用もかかるのでこの場合は、
経費は20%としておくと確実かもしれませんね。

上から3番目(所有物件総利益)は、
・総家賃収入 – 経費(想定経費) = 営業利益
を表しています。およその月収を把握するイメージです。

上から4番目(設定賃料合計;青文字)は、
所有物件全ての募集家賃を表しています。
入居率を把握する場合、家賃ベースの入居率を算出する場合の母数に値します。
入居中の部屋は家賃を、空室の部屋は募集家賃を入れておきます。

設定家賃は各部屋ごとに設定をするのですが、入居者情報と共に
データベース項目にしておき常に最新の状況にしておくといいと思います。

レントロールを自分で作って得られること

Excelの表計算などを語るとキリがないのですが、こればかりは
レントロールを自分で作って見ることでアレンジしていくといいと思います。
入居率も、部屋数ベースだけでも把握していくことで空室数が分かれば、
空室を少しでも減らそうと意識していきます。

不動産投資を始める以上はみなさん、物件数を増やしていくことを目標にするはずです。
人間の記憶力なんて限界があるもの。実態としては、20部屋を越していくと
リアルタイムの入居状況の把握は困難になっていくはずです。

物件数が少ない時から、自分なりのレントロールをエクセル(Excel)で作ること。
大切な習慣なのかと思いました。

    満室経営のまとめ
    満室経営の一歩はレントロール作成と、毎月のメンテナンスから!

>>レントロールの具体的なテンプレートを公開しました(続き記事)

お金について学ぶことは「自由」への第一歩

お金のために今の仕事を選んでる…
将来のお金のために貯金を増やさないといけない
老後を考えるととにかく不安…

20代の私がまさにそうでした。
お金のことを知らなすぎて、学んだり勉強したいと思っていても
どこから手を付けていいか分かりません

南エリナ(著者)のプロフィールはこちら

30代、お金のスクールファイナンシャルアカデミーにて
不動産投資を学び、アパートを購入。家賃収入を手に入れました。

毎月ほぼ決まったお金が入る喜び、安心感のおかげで
会社を退職。好きなことだけを仕事に生きています。

30歳の時、不安を抱えながらもお金について学び始めてから
人生が大きく自由に変わりました。

今はいい時代です。
お金の専門学校があったり、お金のパーソナルトレーニングもあります。

お金も英会話や習いごとのように、実際に習う方が身にも付きますし
自分へのインパクトが大きい。

そんな経験を一人でも多くの人に伝えたくって、
当サイトを運営しております。

お金を学ぶためには、どの金融商品にも依存しない、
中立的な立場で学べる場が必要不可欠です。

ファイナンシャルアカデミーは約20年続いている
独立的なお金の専門スクール。

金融教育を受けたことがない人向けに、お金の初歩から投資まで
トータルに学べるスクールです。

ファイナンシャルアカデミーお金の教養講座の詳細はこちら

お金の教養プラス口コミ
年金のニュースを見る度に、将来のお金に対して不安に思う… 年金支給年齢は引き上げられ、定年後10年、もしかしたら20年。 どうやって過ごせば...

ファイナンシャルアカデミーに加えて、女性が安心してお金を学べる
ブーキー(bookee)という、個人レッスンも始まりましたよ。

オシャレな空間でカフェするように、お金を学べて
実際に資産を500万増やしている人も!

ブーキー(bookee)について調べてみる

ブーキー(bookee)の個人レッスンの体験談はこちらです。
ネットではなかなか読めない、本レッスンの体験口コミです↓

ブーキー口コミ
2018年に日本で始まった初の、お金のパーソナルレッスン ブーキー(bookee)。 私自身実際に受けてみて、マンツーマンでお金...

関連記事

セルフリフォーム完了!初心者でもできそうなリフォーム3選

管理費削減と自主管理による賃貸経営に潜む2つの罠

満室経営のために欠かせない!ネットでの賃貸募集広告チェック

賃貸経営に必須のレントロールのサンプル公開!!

不動産管理会社からの書類が来たら確かめたいこと

空室対策って何をすればいい?内見を成約に結ぶ2つのキーワード

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 まとめサイトへの引用も厳禁と致します。